トーキョーNOVAのコツ(ふぃあ通2018年10月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今月のテーマは個別ゲーム特集。
システムを指定することで、さらに深い話をしちゃおうというもの。
その第1回「トーキョーNOVA」。






冒険企画局の近藤局長曰く。
乱数をここまでPLの恣意的にコントロールさせるゲームは、世界でも珍しいと言わしめるゲーム。
ゲームの最後の瞬間までPLに成功するか失敗するかを選ばせる。

最初のお便りはこちら。
視聴者投稿「NOVAの世界観でここだけは押さえておけば、というものを教えてください」
社長「24時間365日みんなつながってる、ということ」
社長「現代のスマホの延長と考えればいい、サイバーウェアで常にネットにつながってる」

2つ目のお便りはこちら。
視聴者投稿「公式ゲストの扱いなど、ルーラーやPLですれ違うことがある。そんなときどうしたら?」
きくたけ先生「PLの意見を使うのはありだが、最終決定権はGMだよ、としておくと楽」
O畑先生「そのシーンにおいて最も面白いかどうか、で判断する。それが衝突したら相談する」
社長「NOVAはゲスト愛が強い人が多い」
社長「公式ゲストには2種類ある。『シナリオ中で複数のPCの前に出てくるNPC』と『オープニングとかで、1人の前にしか出ないNPC』の2種類」
社長「前者は、みんなの共通認識を確認しつつ、公式を意識して出した方が良い」
社長「後者は、そのPLのためだけのシーンなので、そのPLの好きなように演出するとやりやすい」

3つ目のお便りはこちら。
視聴者投稿「ルーラーは判定できないので、手札が良すぎる(悪すぎる)ときどうしたら?」
O畑先生「良い時は、仕方ないからPCを惨殺する(笑)。悪い時は、ぶっちゃけてPLに全部成功してもらう」
社長「クライマックス前に、手札交換用のシーンを挟むことがよくある」
社長「そうすると大体PLは喜んで手札を入れ替える。そのときに『俺も変えよ』というと、PLから文句はまず出ない。双方楽しくなるテクニック」



以上でした。
なんだかまるでTRPG番組のようなきれいな進行で、まとめもやりやすかった(笑)。
NOVAはフィロス経験があまりないのですが、
NPCの公式度合いとか、他のゲームでも使える話だったんじゃないかなーなんて。

次回は個別システム第2弾アリアンロッド、の予定だそうです。

by phirosu2 | 2018-11-21 08:14 | TRPG雑感 | Comments(0)
<< 11月をふりかえる 10月をふりかえる >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。