12月と2017年をふりかえる
あけましておめでとうございます。
2017年は色んな方にお世話になった一年でした。
本当にありがとうございました。
改めて、本年もよろしくお願いいたします。

さて、去年の最初の「ふりかえる」を見てみると
・2015年は「TRPGとおりあいをつける年」「バランスを探る年」「気持ちの整理の年」。
・2016年は「TRPGを続ける年」「環境の整理の年」。
・2017年は「TRPGのギアを戻す年」。
なんて発言していたみたいですね。
さてさて、どうなったのか。
でもその前に12月のふりかえりから。






◆12月をふりかえる
■毎月1回以上セッション
12月は1本。
年末進行(笑)のおかげで感想が遅れてしまったけれど、一応年内に書けた。
しゃめさんのGMは本当に優しいマスタリングで、ああいう雰囲気は見習っていきたいなーと思う。

■未プレイシステムを3本以上プレイ
12月はなし。
まあ、これは予定通り。
まとめは後で。

■5割以上の感想を翌日中にアップ
12月は未達成。
やっぱり達成が見えちゃうと気持ちが緩むねー(苦笑)。
この辺りは自分の課題かもしれないわ。

■R&R月内読破
12月も無事達成。

では、続けて2017年のまとめをふりかえっていきましょう。
たまにここで間違い見つかるんだよね(苦笑)。

◆2017年をふりかえる
■毎月1回以上セッション
○セッション回数まとめ
1月→1回
2月→1回
3月→2回
4月→2回
5月→1回
6月→1回
7月→1回
8月→1回
9月→2回
10月→2回
11月→1回
12月→1回
合計→16回

やったー。たっせーい!
これはかなり嬉しい。
2016年が全然ゲームできない年だったので、結構チャレンジな目標のつもりだった。
でも、なんとかこうやって達成できた。
ギアが戻せてきたって証拠かなぁ。

○システム別(同順位内は順不同)
・コードレイヤード→4回
・魔獣戦線→3回
・マージナルヒーローズ、アリアンロッド2E→2回
・片道勇者TRPG、クトゥルフ神話TRPG、魔獣戦線イベント、ドラクルージュ、のびのびTRPGザ・ホラー→1回

おおー、なんだか満遍なくやってたな。
これもかなり復活した感あるね。

コードレイヤード、マージナルヒーローズはキャンペーンやってるからそこそこいくとして、
魔獣戦線は3回も参加できたの嬉しいね。
あと、アリアンが2回に激減してるのがちょっと興味深い。

○GM別(同順位内は順不同)
・フィロス→7回
・水無月さん、TSさん→3回
・青海さん、ソウさん、しゃめさん→1回。

フィロス、水無月さん、TSさんは安定のベスト3のような気がする(苦笑)。
リレーキャンペーンを始めたから、珍しい名前が並んでるね。
昨年あれだけゲームできたのは、ここに名前を並べてくれる人たちのおかげなので、本当にありがたい。
フィロスのGM回数が50%以下ってのはなんだかすごく嬉しい結果ね。

○点数まとめ(最高点:最低点:平均)
ロール:5.00点:3.00点:3.75点
ゲーム:5.00点:2.00点:3.69点
ストーリー:5.00点:2.00点:3.63点
ボーナス:5.00点:2.00点:3.94点
全体:5.00点:2.50点:3.75点

直近3年の平均とか並べてみようか。
ロ:3.73点→3.71点→3.75点
ゲ:3.73点→3.42点→3.69点
ス:3.45点→3.85点→3.63点
ボ:4.27点→3.71点→3.94点
全:3.80点→3.67点→3.75点

もうちょっと有為な値になるかと思ったけど、あんまりこれといった情報を見いだせなかった(苦笑)。
2017年は、TSさんが「フランベル」キャンペーンを再開してくれて、感動の最終回を迎えた。
そして始まったマージナルヒーローズ「マスク」キャンペーンと
コードレイヤード「コネクト」キャンペーン。
新PLを加えたり、リレーGMキャンペーンとしてみたり、
挑戦的な試みのおかげで全体的な点数は2015年には及ばなかったってことかな?

この辺りは回数が安定してくるとより評価の価値が上がっていくと思うので、引き続きやっていきたいですね。

■未プレイシステムを3本以上プレイ
〇未プレイシステムまとめ
・魔獣戦線イベント→2月
・コードレイヤード→4月
・マージナルヒーローズ→5月
・片道勇者TRPG→6月
・のびのびTRPGザ・ホラー→9月
・ドラクルージュ→11月

年始に「さすがに6本は無理だろー」と言っていたこの目標。
結果的には6本いけましたー! やったー!

コードレイヤードとマージナルヒーローズはやりたかったキャンペーンを開始したもの。
ドラクルージュはソウさんが突発でGMをやってくれたもの。
魔獣戦線イベントは予定して準備していたもの。
片道勇者とのびのびは、「やりたいなー」と思っていて、キャンペーンの面子がうまく集まらない日になんとかねじ込んだ。

秘訣はやはり片道勇者とのびのびみたいな「いつでもできる引き出し」を十分持っておくことかなぁ。
まだまだ持ってるけどやったことないゲームはたくさんあるからなー。
「マギカロギア」なんて大判基本ルールブック出たわけだし。
「コロッサルハンター」も一度やってみたいし。
「でたとこサーガ」もシナリオクラフトみたいで面白そう。
「ダークデイズドライブ」「ヤンキー&ヨグソトース」も面白そう。
あ、サイフィク系なら「ビギニングアイドル」もやったことないんだよね。
冒企に偏ってるような気がするから、誰か「鵺鏡」とかやってくれないかな。ソウさんあたり好きだと思うんだけど。。。

来年もインプットは続けていきたいけど、数には悩むなー。

■5割以上の感想を翌日中にアップ
〇感想翌日アップまとめ
1月→1/1(100%)
2月→1/1(100%)
3月→0/2(0%)
4月→2/2(100%)
5月→0/1(0%)
6月→1/1(100%)
7月→1/1(100%)
8月→1/1(100%)
9月→1/2(50%)
10月→1/2(50%)
11月→1/1(100%)
12月→0/1(0%)
合計→10/16(62%)

危ない(苦笑)。
でも達成には間違いない(笑)。
感想を翌日に書く本質は「鮮明な記憶が残っているうちに記録を残すこと」。
遅れれば遅れるほど曖昧な感想になっちゃうからね。
これも続けていこう。

■R&R月内読破
〇R&R月内読破まとめ
1月→達成。
2月→達成。
3月→達成。
4月→達成。
5月→達成。
6月→達成。
7月→達成。
8月→達成。
9月→達成。
10月→達成。
11月→達成。
12月→達成。

2016年に時代に追いついて、2017年はなんとか時代に追いすがることができました。
発売日が20日を過ぎなければそんなに難しい目標ではなかったかな。
でも習慣になるまではもうちょっと目標として掲げておこうかな。
やはりきちんと最新情報は仕入れ続けることに意味が、価値があると思うので。




というわけで2017年が終わりました。
掲げていた「TRPGのギアを戻す年」は、それなりに達成できたんではないでしょうか。

ちょっと話は変わりますが、最近向上心がなくなってしまっていることを感じています。
リアルはそれなりに充実して幸せで、
TRPGも気の置けない仲間たちと定期的に遊べている。
まあ、フィロスもそろそろいい歳なので
落ち着いてきたってことなのかもしれないのですが……。
昔、大学で毎日セッションやってた頃のような、
何年もかけてオリジナルシステム作ってた時のような、
「意地でもやってやるぞ」みたいなギラギラした感じがなくなってきました。

『神の一卓(GMだけでなくPLも物語を提案し、決死のバランスで作り上げるセッション)を目指す』とか言っていた目標は、
ディサイドキャンペーンとかフランベルキャンペーンで限りなくそれに近いものを感じてしまったので、
ある意味燃え尽き症候群かもしれません(苦笑)。

まあ、ガチでリアルが忙しいのもあるんだけどね。
「TRPGはしょせん遊び」という最近たまに日記で書く台詞も、
多分あの頃の自分が見たら激怒するかもしれません(苦笑)。

よし、それじゃあ2018年はこうしよう。
「現状維持しつつ『遊びとしての目標』を探す年」
これでどうだ。

TRPGはしょせん遊びである。
でも、その遊びにだって無限に先がある。
コンベンション運営、同人システム出版、TRPG動画作成などなど。
やってないことはいくらでもある。
できない理由はひとつもない。
ただやりたい理由もない(笑)。
だから、2018年は次の目標を探そう。
自分が満足できたのだから、次は周りの人を満足させるような目標が立てられたらいいなー。

あ、そういうわけで具体的な目標は去年のに
「今までやったことないTRPG関連の何かを1つ以上する」
を加えてみよう。
こういうふわっとしたものは大体未達成になるが、、、はたしてどうなるか。

まとめると
・毎月1回以上セッション
・未プレイシステムを3本以上プレイ
・5割以上の感想を翌日中にアップ
・R&R月内読破
・今までやったことないTRPG関連の何かを1つ以上する
で行きましょう。
さあ、2018年もがんばるぞー。

[PR]
by phirosu2 | 2018-01-01 10:22 | ふりかえる | Comments(0)
<< VS氷雷牙|魔獣戦線 ハンドアウトの書き方(ふぃあ通... >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。