人気ブログランキング |
GM奨励キャンペーン第2回「GMしやすいゲームは何?(デザイナーによるプレゼン合戦)」(ふぃあ通2017年8月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマはデザイナーによる「GMしやすいゲーム」のプレゼン合戦。
先月から始まった「GM奨励キャンペーン」の第2弾。
ゲストのからすば晴先生、きくたけ先生、鈴吹社長が、「GMしやすいゲーム」をプレゼンして、
小暮さんがどのシステムでGMやってみたいかを決める内容でした。






ただし、中で社長も言ってましたが、
「正解は最初から決まってる。『一番やりたいゲーム』をやるのが一番」
ということは大前提。
あくまで今回はデザイナー視点からやりやすいゲームは何か、ということ。

……そんな前振りしたら当然各自が自分のゲームを紹介するのは当然ですよね(笑)。
いつもみたいにト書き形式だと長いんで箇条書きで。

○からすば先生→「コードレイヤード」
・歴史上の人物とか、自分の好きな人、物を出せる。だから思い入れのあるシナリオが作れる。
・判定方法が独特。たくさんダイスをふれる。計算がシンプルで楽。
・サンプルシナリオがルールブックにたくさん載っている。
・比較的新しいゲームなので2冊買えば全データが揃う。

○きくたけ先生→「アリアンロッド2E改訂版」
・世界観がシンプル。ドラクエみたいなよくある中世ファンタジー。
・改訂版になったことで「現代人の転生」ができるようになった。
・上記2つによって、最初の説明がとても楽。
・「TRPGって演技とかしないといけないんでしょ」と身構えてしまう人に「そんなことないよ。ダンジョン潜ってるだけで楽しいよ」と言える。
・役割が4つに分かれていて、必ず活躍の場面がある。
・PCデータ、エネミーデータ、シナリオがセットになった無料版が公開されているから、今すぐ遊べる。
・(サプリ数は多いが)改訂版になったときに軽くリセットかかってるので、改訂版1と改訂版2を買えば、かなり遊べる。

○鈴吹社長→「アルシャードセイヴァー」(一応自分のゲームじゃない)
・現代ものなので世界観が入りやすい。
・井上先生(中国嫁日記)ときくたけ先生がタッグを組んでいる。
・ブレイクスルーリソースが、フェイト、ACNのようにポイント数ではなく、加護形式でわかりやすい(ただ人に好き嫌いがあるのは認める)。
・ロボットものがやりたかったらメタリックガーディアン、ヒーローものならマージナルヒーローズと、同じSRSで様々な展開ができる。

○小暮さんのジャッジ
・役者としては「コードレイヤード」
色んな演技をしてみたい。
好きな歴史のキャラを演じてみたい。

・初心者向けにGMするなら「アリアンロッド」
無料で手に入って、説明が簡単なのは嬉しい。

・(よくお仕事している)ベテランさんと一緒に遊ぶなら「アルシャード」
関わってる人たちが多いので、楽しそう。




……って感じかな。
ラジオをそのまま書き起こしてもわかりづらいので、多少フィロスの主観的に言葉を変えている部分はあります。
なかなか興味深い内容なので、まだ聞ける人は聞いてみるといいかも。

フィロスの前回の感想をふりかえると、
・「GMもPLも初心者」なら「マージナルヒーローズ」。
・「フィロスが、知らないPL相手にGMする」なら「アリアンロッド2E」か「カオスフレアSC」。
と回答してるね。
アリアンとSRS(マージナルヒーローズ)が入ってるのは偶然か必然か(笑)。

とはいえ、3人(+フィロス)の説明に共通してるのは「導入が楽」「説明が楽」という部分。
コードレイヤードは「歴史上の偉人、英雄」というフック。
アリアンロッドは「よくあるファンタジー世界」「ロールプレイしなくても楽しめる」。
アルシャードは「現代ファンタジー」「ブレイクスルーがわかりやすい」。

GM講座第1回ぐらいに鈴吹社長が言ってたけど、「GMが大変なのは本当。実際の事実」。
だから、その大変さを少しでも減らせるのが今回上げられたシステムなんだろうね。

逆に、その大変さを乗り越える熱意、エネルギー、PLからの要望とかがあれば、
今回上げられてないシステムでも十分GM初体験に値する、と。
つまり「一番やりたいゲームをするのが一番」ということになる。
最初の「正解」に戻ったところで、今回はおしまい。


次回もGM奨励キャンペーン。第3弾は「読者投稿特集」。
「GMが楽しい」「GMが大好き」「GMをこうやると楽しいよ」等の投稿を募集しているとのことです。


そろそろフィロスもGM回数100回ぐらいいってるのかなぁ?
(集計中)感想残ってる分だけで139回か。多分150回は超えてるけど200回はいってないぐらいかな。
まだまだ若輩だけど、個人的に一番楽しいGMは「キャンペーンプレイ」だと思うなぁ。
できればPL同士も初対面だとより面白いかも。
最初はぎこちない仲間たちが、2~3回セッションしてくると段々お互いの考えることがわかるようになっていって、
4~5回繰り返すと阿吽の呼吸みたいにゲームが進むようになっていく。
PCの成長ももちろんだけど、そういうPLの成長が見られるような環境を提供できるのってキャンペーンのGMだけなんだよね。
所詮ゲーム、たかがゲームなんだけど、せっかくそれなりに長い時間を消費する遊びなのだから、
そのゲーム体験が今後の人生に活きるようなものだとより良いかなーなんて考えるのはさすがにちょっとおこがましいだろうか(笑)。

このGM講座でもそのうち「キャンペーンの勧め」とか「簡単なキャンペーンのやり方」とかやってくれないかなー(笑)。

by phirosu2 | 2017-08-27 08:13 | TRPG雑感 | Comments(0)
<< 8月をふりかえる 7月をふりかえる >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。