人気ブログランキング |
VS炎乱猿
【TRPG感想】
先日は水無月さんがGMの魔獣戦線(注1)でした。

ちょっと優先度調整を間違えて、予想外の参加でしたが、ベテランのお二人が一緒だったことと、ダイス目が爆発したおかげであっさり勝てました。
やはりダイスって大事だなぁ。






◆キャラクター紹介
■名前(PL名):虹野美空(ニジノ・ミソラ)(Daimaru)
性別/年齢/種族:女/14/人間
クラス:女帝
ゲーム的特徴:
キャラシーはこちら。
http://majyusen.web.fc2.com/char/kight/RM03.htm#11

守護神が味方についていることを表す「女帝」の騎士。
美空は元々怪しげな施設で育てられていた7人の少女の1人だった。
しかし施設が魔獣に襲われ、美空を残して6人は死亡。
美空自身が持つ霊媒体質によって6人は美空の守護霊となったのだった。

6種類の霊をおろすことで様々な能力を使い分ける、いわゆる万能型。
PLさんの発想も相まってなんでもこなせる。

ロール的特徴:
醜い世界を知りつつも美しい世界に憧れる、とても前向きな女の子。
中の6人は色々と考えてそうだけど、とても明るい善の子供。

その他:
魔獣戦線のベテランdaimaruさんです。
今回はダイス目も走って楽勝でしたね。

■名前(PL名):鏡月秋一(キョウヅキ・シュウイチ)(講師)
性別/年齢/種族:男/17/人間
クラス:正義
ゲーム的特徴:
喋る魔剣を持つ「正義」の騎士。
周囲の空間を支配して物体を入れ替えたり、化学変化を起こしたりできる。
フィロスの勝手なイメージだけど、ワンピースのトラファルガー・ローの能力に似てる感じがする。

ロール的特徴:
登場と退場では寡黙な彼女とイチャつくリア充ロールプレイ。
セッション中は、強気な女性格の魔剣に叱咤されつつも動くちょっと優柔不断な主人公気質。

その他:
daimaruさんほどではないにしろ魔獣歴そこそこある講師さんです。
今回はご一緒したのがプレイ経験長いお二人だったのでかなり楽させてもらいました。

■名前(PL名):羽遠瞳(ウオン・ヒトミ)(フィロス)
性別/年齢/種族:男/34/犬妖怪まじりの人間
クラス:戦車
ゲーム的特徴:
世界最高の戦闘術を持つ「戦車」の騎士。
その格闘術はスピード重視で、一般人には目にも止まらない。
あと雷まとって変身したり、嗅覚が人よりも鋭かったりします。

ロール的特徴:
ご一緒したPCが2人とも十代という若いメンバーだったのでちょっと保護者っぽいロールに。
とはいえそこは瞳なので、頼りなさげだったり、少しバカだったりする方面を強めに。
「嗅覚」が瞳のキーワードのひとつだからたまにロールプレイするんだけど、相手が若い女の子だと変態にしか見えないんだぜ(笑)。

その他:
はい、戦歴だけは長いフィロスです。
うまくなってるかどうかはわかりません(笑)。
昨年は全く遊べなかったのとを取り戻すように魔獣戦線しております。

◆粗筋
魔獣戦線ではチャットログが公開されているので、そちらも参考に。
http://www.kazagakure.net/~server-admin/irc-log/maju-butai/20170428-TRPG.txt
http://www.kazagakure.net/~server-admin/irc-log/maju-butai/20170429-TRPG.txt

感想では記憶に残ってるところを重点的に。

■登場
秋一はリア充してるところに依頼が来る。
瞳はいつも通り遭遇して魔獣にぼこられて、そこでシーン終了。
美空ちゃんが通りがかって助けてくれました。

■邂逅
集合場所で合流する3人。
美空ちゃんを匂いで覚えているという演出を考えつつ、でも助けられたときは本人ではない魂を下していたから匂いが違う!
とか色々裏で話しつつ最新情報収集。

今回は「魔獣の楽園」というキャンペーンの中の一話でした。
大人になりたくない子供のまま、わがままを具現化したような世界の中で動物と昆虫が混ざったような異形の肉体を持つ魔獣。
今回の魔獣は元不良で、更生して社会人になったはずが、またドロップアウトして魔獣になってしまったようでした。

それぞれ調査場所を決めて調査を開始します。

■調査
美空ちゃんは魔獣の不良だったころの舎弟に聞き込み。
彼が今も舎弟を大事にする男であるという情報を手に入れます。
判定値が1足りなかったんですが、GMのうっかりによって弱点情報まで公開してしまうトラブル(苦笑)。
ただ、丸裸というわけではなく、この時点では判明しきらない情報でした。

続く秋一君は、魔獣を更生させた当時の担任教師。
引き留めることができなかったと嘆く女教師に、あわあわする秋一君。
うん、高校生には重い内容だよね(笑)。
ロールプレイの内容はともかく出目は爆発して弱点判明。

瞳もダメ元で1つ目の弱点を確かめて、なんと6回ある判定チャンスのうち2回は放棄(注2)するという贅沢な展開。

■集合
3人が集合して戦闘準備。
フィロス的には、彼を魔獣にしたきっかけみたいなものがあるのかなーと思ってそれを知りたいと思うような伏線をまいてたんですが……。

■戦闘
結論から言うと、この魔獣は予想よりもクズでした(苦笑)。
特別きっかけのようなものがあったわけではなく、暴力に訴える快感を忘れることができなかっただけ、というオチ。
予想してなかったわけではないですが、まあ、今回のキャンペーンはそういう「大人になり切れない子供のわがまま」が具現化する設定なので。

というわけで救えない魔獣と対決開始。
とはいえ、弱点2つが完璧に明らかになっている状態でほぼ戦況は覆ることはなく。
あえてスルーしていた裏技(注3)発動も、ダイス目でしっかりと美空ちゃんがおさえこんでくれました。
瞳がとどめさしたの久々じゃないかな?

■退場
秋一君は女教師に魔獣の顛末を報告にいったり。
美空ちゃんは友達と語り合ったり。
瞳は次の人を助けに行ったり。
三者三様の日常に帰っていきました。

◆反省と考察
ロール:3点
ゲーム:3点
ストーリー:3点
ボーナス:2点

全体的に普通だったかな、と。
ボーナスはちょっと体調調整に失敗してテンション上げきれなかった自分にマイナス。

○良かった点
・魔獣戦線いいペースで参加できてる。
・「嗅覚」にフォーカスできたかな。

○悪かった点
・セッションなんとかこなせた。

では個別解説。

・魔獣戦線いいペースで参加できてる。
今年に入ってもう2回目かな。
4ヶ月で2回なら、12か月で6回できる計算になる。
あくまで単純計算だけどね。
この調子でやってけたら年末も狙える、かな?

・「嗅覚」にフォーカスできたかな。
犬妖怪の血を引いている瞳のキーワードのひとつである「嗅覚」。
今回、美空ちゃんがころころ中身を入れ替えるというので、それに合わせて匂いも変わるみたいなネタをふってみた。
daimaruさんが素晴らしいリアクションで、その場その場で香りの演出をしてくれるので面白かった。

・セッションなんとかこなせた。
フィロスもだけど、水無月さんもかなり疲れてたんじゃないかなー(苦笑)。
社会人が平日夜にセッションするのって大変ですよねー。
頑張っていこう。




というわけで魔獣戦線でした。
ブランクはあったわけですが、ダイス目が爆発したおかげもあって安定的に勝ててよかった。
深夜のセッションは「寝ない」ために思考のリソースを使ってしまうのが少しもったいないよなー。
学生時代は夜全然楽勝だったけど、最近ちょっと辛い(苦笑)。
まあ、この辺りはフィロス都合だから、うまく日中に仮眠とったりして合わせていきたいな、と。

さあ、5月も頑張ろう!




(注1)魔獣戦線:水無月さんが運営されているオンライン専用TRPGサイトのシステム。
リアルタイム謎解き。
現実と同じように歳を取るPC。
GMが1人だからこそできる巧みなバランスによる面白いセッション。

他にはない独特なシステムだと思う。
定員メンバー制だが、現在4月の更新時期なので興味がある方は以下のリンクをクリック!
http://majyusen.web.fc2.com/

(注2)6回ある判定チャンスのうち2回は放棄:魔獣戦線の情報収集判定は1人2回、合計6回チャンスがある。
ただこれはしなければならないわけではなく、今回のように弱点がばればれになってしまった場合は放棄されることがある。
でも2回もいらないってのは珍しいなー。

(注3)裏技:弱点は普通「○○をすると邪力が使えない」という書式になる。
ただこれはあくまで日本語なので、解釈によってグレーゾーンが発生する。
このグレーゾーンをルール化したのが「裏技」である。
PCたちが弱点をついたとき、GMは裏技宣言することでグレーゾーンを1回だけ利用することができるのだ。
その代わり、その弱点は公開されてもう邪力は使えなくなる。

かつてあった不満をルールに取り込んだ非常にスマートなルール。
ただ、グレーゾーンまで見抜いて完璧に封印すると裏技すら使えなくなることがある。
そこまで完全を目指すかどうかはPLの志向による。
今回はそこまでがちがちにやる面子ではなかったようだ。

by phirosu2 | 2017-04-29 15:25 | 魔獣戦線 | Comments(0)
<< シナリオを作るときに守ること(... EasyMission >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。