人気ブログランキング |
説得
TSさん率いる(以下略)。

前回、悩みながらも評議会に残ることを決めた一行。
そして今回ついに、ついに、やっと、念願かなって、伝説のチョーカーが手に入るセッションです。





評議会の偉い人に呼び出されていくと、きれいな箱に入れられた伝説のチョーカーが。
「あなたたちの部隊がこれを欲していると報告を受けました。しかしこれは評議会でも大切なもの。これをつける歌姫はみなの規範たる正しい歌姫でなくてはなりません」
・・・。
そんなことを言ってる偉い人の前でそれをつける予定のローザさんは酩酊状態なんですが(笑)。
いや、ちゃんと理由がありまして、ローザは母国ヴォッサァマインを愛している(つーか自分の家も当然そこにまだある)んだが、流れで今は評議会に所属してしまい、母国と敵対するべきなのか、それとも裏切りを選ぶのかと悩んで、酒におぼれていたわけなのです。
そこで呼び出されたので、必死でルーヴェが引っ張ってきたわけなんですが・・・。
偉い人の話は続きます。
「どうやらあなたたちは戦果を上げると同時に問題も起こしている様子。このままでは、他の歌姫たちに示しがつきません」
それを聞きながら必死で吐き気をこらえるローザ・・・(笑)。
「というわけで、白銀の本拠地、フェアマインに逃亡しようとしている英雄たちを説得して連れ戻してください。その任務が達成したあかつきには、このチョーカーを差し上げましょう」

てわけで山間の村に赴く一行。
森を、川を、山を探索し、滝つぼの裏に隠れていた逃亡兵を見つけます。
しかし一瞬の油断から我がジルベルヴォルフのウィークポイント、海自の天海さんの歌姫、クリスが人質として奏甲ごと拉致られてしまいます。
どうやら彼らの一人が蟲化しかかっていて、それを治す策を求めて白銀に寝返ろうとしていたようなのです。
クリスの命がかかると腹黒く好戦的になる天海さんをよそに、大見君(&歌姫のラーテ)が交渉し、彼らの身の安全を保証し、黄金の姫を信じるってことで彼らが出てきました。
と、そこへなんと黄金直属の評議会親衛隊が到着。
「その蟲化したものは我々がエタファまで運ぶ。こちらに引き渡せ」と。
ここでGMから注釈がありまして、評議会は「蟲化を認めていない方針」をとっていること。
このまま親衛隊に渡せば、蟲化を隠蔽するために彼は殺されるであろうこと。
親衛隊の隊長も、そのことは快く思っていないが、将来的に黄金の姫のために働くためにも今は仕方なく評議会に従っていること。
などが明らかになりました。
ここからが長かった!
大見君は彼らとの交渉をしたので、当然その身を守ろうとする。
しかしそれは今ここで評議会に反旗を翻すことになる。
様々なPLの思惑、PCの想いが交錯し、ここでの話し合いは1時間以上にもおよびました。
最終的に・・・。

大見、天海、水宮、そして親衛隊の隊長が頭くっつけて秘密会議してるのを横目でみていたルーヴェが、蟲化しかかった英雄をひょいっとつかんでその辺に転がし、金剛糸を放ちました。
気づいた大見がかばいに入りましたが、彼をも傷つけ、英雄をかばう歌姫はよけ、糸はさっくりと蟲化しかかった英雄の胸を貫く。
「ここは戦場だ。悩めば悩むほど、それだけ無駄に消える命が増えるぞ」
・・・なんて台詞を言えればよかったんだけどなー(苦笑)。
正直悩みすぎてて時間オーバーして部屋追い出されて外でこの話し合いしてたので、めっさ寒かった。
だから軽く強権発動しちゃった感はあります。
優しいルリルラも好きだけど、TSさんのルリルラは誰かが汚れた役をやらないと進行しないと思ってるから、まあルーヴェならあの場でこういう行動をとってもそんなに異質ではない、かなぁ?という苦肉の策。
でもまあ、あれだけ悩んだことは無駄にはならないと思いたい。
これからもルリルラはいろんな岐路に立たされると思うけれど、今回考えたこととかがそのときに役に立つかもしれない。
さて、おかげで任務達成し、チョーカーは手に入ったけれども、仲間たちには妙な空気が流れていたとか流れていないとか。

今回、チョーカー代のためにお金を温存したくて、悩んだ末にシャルラッハロート1で出撃したんですが、結局戦闘はなくて(笑)。
しかもチョーカーは今までのGMの罪滅ぼしか、あまりにも俺がうるさすぎたのか、FPを払うつもりだったけれども、払わないで、任務に対する報酬という形でもらえました。
唐突に所持金が飽和する(笑)。
今まで常にチョーカー分マイナスして考えていたので常に金欠だったのが・・・。
ここはリーゼでも買って、歌術仕様にチューンしてやろうかなぁ。

しかしまあ・・・今考えると、禁忌歌術って強すぎるな。
自分、こんなのとっちゃってよかったのだろうか。
クリティカルすぎて、なんか怖い。
戦場を支配する力が強すぎるよ(苦笑)。

by phirosu2 | 2006-11-30 01:18 | ルリルラ・ノイシュタルト | Comments(0)
<< スリーピングナイト まゆつばTT >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。