RULILURAその4
午後の部です。
前のに書き忘れましたがこれは土曜日、昨日の出来事です。

午後は打って変わって宝探し。
なんちゃらっていう湖に昔の英雄が隠した宝があるから、財政難の評議会のためにちょっととってこいっていう依頼でした。
財政難のために今までは経費として落ちていた奏甲の維持費が今回は出ない!
そのために皆さんお金の工面に必至でした(笑)。





そして今回のメインイベント(違)。
その湖に行く途中の街で歌姫コンテストが行われているとかっ。
歌姫たちはそのコンテストのために英雄に秘密で化粧品やらドレスやらを準備して6万Gも消費してしまう。
歌姫の一人は英雄の財布に6万もなかったために一人仲間はずれになってふくれてましたが・・・NPCとは思えないほど表情豊かな歌姫たちです。マスターのRPに拍手。
普段は戦闘タイプな姫がふりふりのドレスを着て顔を赤らめているとかっ。そのペアの英雄のPLがツンデレ好きのためかどうかは知りませんが・・・マスターのRPに大きな拍手。
そんな姫見て英雄は固まったり困ってみたりとPLのRPにも拍手。
さて、コンテストが始まりますと、予選で高得点を出した二人が準決勝で速攻落ち、予選ぎりぎりだった姫(前述の戦闘タイプな姫)が仲間の中では唯一決勝まで残る大波乱の展開。
そして、ふりふりドレスのまま銃を使った演舞(?)を行い会場を沸かせます。
対するは前回チャンピオンのアイドルな姫。
色々とダイスを振った結果、なんと二人の値は高次元なのに同値。燃える展開です。
そして、サイコロをもう一度振り、なんと、ふりふりドレスと銃のミスマッチが受けたのか、仲間の姫が優勝します。
思わず舞台に上ってだきつく英雄(PL)と「やめろよ、みんなの前で恥ずかしい」とか言う姫(マスタ)。
なんていうか、漫画みたいなベタな展開です。でも自分はこういうの大好きです(笑)。

そして、(マスター曰くおまけイベントだった)コンテストは幕を閉じ、本来の依頼である湖の探索です。
水中のために全奏甲に(とあるNPCが勝手に)防水加工を施しレーダーを使いながら湖底を探索します。
怪しい横穴を見つけ、その奥に大きな希少鉱石を見つけました。
調べるために近づく愛染君の愛機シュヴァルベ。
彼が一番知識と探索能力を持っているので仕方ないのですが、彼のシュヴァルベは前述したとおり飛行奏甲のために装甲は紙です。
案の定鉱石を調べると二又の大蛇が出てきてシュヴァルベに絡みつく。
味方の一斉攻撃で大蛇は始末できたのですが、シュヴァルベは胴体がべこべこにつぶれて壊れてしまいますorz
もうね、マスターの意地悪さが出てますよねっ。
洞窟だから飛べないし、調べられるの愛染しかいないのにこういうトラップはるとかっ。(事前にトラップは調べたが、失敗した)
壊れたシュヴァルベは仲間たちの突貫修理でなんとか動くようになり、湖の探索は続きます。
鉱石を全て集めると、何かの鍵だったのでしょうか、湖の中央が少し隆起します。
そこへ行くと、なんと現在は失われた奏甲であるはずのハイリガートリニテートが。
一緒にあった石碑には「この力をもって主を封印す」みたいなことが書いてあったのですが、読む前にNPCがハイリガーに触ってしまいます。
さあ、湖の主との決戦です。
鋏が生えた魚は鋏二振りと尻尾で三回攻撃してきます。
自分「空飛んで、水上からライフルでこいつ狙える?」
GM「ちょっとペナルティかかるけどいいよ」
自分「よし、最初の手番は水上に上がるぞ。飛ばないシュヴァルベはただのフォイアロート(雑魚奏甲)だ。」
とかやり取りした後・・・。
マスターのダイスの結果、鋏がうちのシュヴァルベに襲い掛かります。
GM「命中部位ふって~」
自分「・・・・・・・・翼」
GM「えーと、ダメージは24(うろ覚え)」
自分「羽壊れた・・・うわーん、もう飛べないorz」
シュヴァルベは飛べなくなりました||orz||
本当に、この日はマスターの飛行奏甲いじめが非道いです。
「飛ばないシュヴァルベはただのフォイアロート(雑魚奏甲)だ」とか言ったあとなのに、こっちの翼をもぎとるとか。
まあ、全てはダイスさまのお導きなんですけどねえ(遠い目)。

ですが、火力的には申し分ない他の奏甲の方々のおかげで主は滅ぼされました。
あ、飛べなくなったシュヴァルベも微力ながらライフルで応戦はしたんですよ。
歌姫に心配されながら(苦笑)。

うちのシュバルベは今回勝手にされた防水加工も含めてもう6回もカスタマイズしてるので、壊されるととても辛いんですね。
結構手がかかってるので、もう愛着ありまくりですよ。
前回はだるまになったり、今回は破壊されたり羽もがれたり・・装甲の薄さが気になりますが、哨戒機としては抜群の性能を誇る奏甲のはずです。
まあ、この日はダイスに泣いたことが多い日でしたね。
こういう日もあるんです(苦笑)。



【2015年7月17日のmixi日記より転載】

[PR]
by phirosu2 | 2005-07-17 16:42 | Comments(0)
<< ソードワールド RULILURAその3 >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。