人気ブログランキング |
VS蒼笑騎
【TRPG感想】
先日は魔獣戦線様で水無月さんがGMの魔獣戦線(注1)でした。
……いやー、久々に死ぬかと思いましたね。
やはり勘とロールだけの調査では不十分だなぁと実感したセッションでした。
まあ最も悪かったのは……自分のダイス目なんですけどね。





◆キャラクター紹介
■名前(PL名):剛水剛人(タケミズタケト)(zain)
性別/年齢/種族:男/40歳/人間
位階:魔術師
ゲーム的特徴:
水を自在に操る能力をもつおっさん。
その実力は功績のある騎士にのみ与えられる聖騎士の中でも最高クラスである聖剣の騎士に選ばれるほど。
水や幻を操って調査攻撃封印となんでもできるオールラウンダーなおっさんである。

ロール的特徴:
昔はふんどしとか若い女の子ときゃっきゃうふふしたりするネタキャラだったが、先日めでたくゴールインしてネタっぽくなくなってきた。
結婚しちゃったらネタじゃなくてノロケだと言っていたのは誰だったか。

その他:
瞳とも何度かご一緒したことのある頼れるおっさん。
中の人もベテランなので、剛人さんが参加する時点である程度楽にいけるんじゃないかなーという想像はしていた。

■名前(PL名):神田飛鳥(カンダアスカ)(魔王)
性別/年齢/種族:女/19/人間
位階:正義
ゲーム的特徴:
巨大な魔剣を持つ少女。
剣の道に生き、攻撃一辺倒な能力と言っていい。
だがしかし、その調査能力は恐るべし。
息を吐くように嘘をつき、さくさくと情報を聞きだしていく手腕は素晴らしい。

ロール的特徴:
非常にクールでクレバーな飛鳥ちゃん。
嘘をつくときも表情1つ変えずにしているイメージ。
今たまたま今涼宮ハルヒを読み返してることもあって、表情の印象は長門みたいな感じなのかなー。

その他:
なにげに瞳と連戦。
年頃の女の子に何度も会っているのに一向に好感度が上がらないのはなぜだ。
ええ、もちろん瞳が暑苦しいからでしょう。

■名前(PL名):羽遠瞳(ウオンヒトミ)(フィロス)
性別/年齢/種族:男/28/犬妖怪の血を引く人間
位階:戦車
ゲーム的特徴:
一般人には視認すらできない高速体術をはじめとして、戦闘能力で固めた戦闘型。
調査では役立たず。
今回は戦闘でも役立たずorz

ロール的特徴:
前回が前回だったので今回は控えようかなーと思った説得ロールですが、ネタがネタだったので思わず、やはり吠えてしまいました。
あれ疲れるし、あんまりやるとありがたみなくなるからなぁ。
よし、次回は絶対やらない。
次回は絶対他の人に譲ろう。

その他:
このまま熱血のまま年をとっていきそうな瞳君。
今回はずっと相棒だった雷鬼が消えるネタをやってたりしたので実験的な感じでした。
でもまぁ、イベント始めたばっかりで死亡しなくてよかったよかった。

◆粗筋
セッションログがあるのであらすじを知りたい方はそちらをどうぞ。
http://www.trpg.net/cgi-bin/irc_view.cgi?channel=majyuu_stage&day=20110430#220000

では早速考察に。

◆反省と考察
ロール:3点
ゲーム:2点
ストーリー:3点
ボーナス:3点

全体的に及第点。
ゲームが2点なのは、まぁ、3点でもいいんだけど。
自分の1ゾロでピンチになったのを自分でカバーできなかったのでマイナスしておこうかなぁ、なんて。

ではでは、良かった点と悪かった点を列挙しましょうか。
●良かった点
・ロールにコピペを挟む戦法成功?
・1日2本セッション頑張った!
●悪かった点
・1ゾロ怖い。1ゾロ怖い。
・1日2本セッション頑張った!

では解説。

・ロールにコピペを挟む戦法成功?
前回の最後で相棒の雷鬼が消えるネタをふりはじめた。
今回、それを展開させるためにいくつかコピペ用のネタを準備したりしていた。
登場の俊也の台詞なんかがそんな感じ。
結局後半は状況にあわせて書きかえる感じになっちゃったのでそのままは使えなかったけれど、事前に準備していたネタを使えたという点では少し腕が上がったかもしれない。

・1ゾロ怖い。1ゾロ怖い。
ちょっと1つ飛ばして。
今回、なにはともあれピンチに陥ったのは戦闘で最初の判定においてフィロスのふった1ゾロだろう。
致命的なダメージを受けて、15分ぐらい思考が停止していた。
それでも少し経ったら「ここで瞳が倒れても残る2人で勝てる確率は五分五分ぐらいか。ならかっこよく倒れるのも一興だな」てな冗談考えられるくらい頭は動くようになっていた。
しかし、それでも、かなりきつかった。
GMもかなり優しくマスタリングをしてくれたおかげでなんとか3人とも生き残れたので、最大の感謝を。そして感謝を。

・1日2本セッション頑張った!
この日は昼間はフレイムギアのキャンペーン、夜は魔獣戦線という夢のような光景でした。
しかし、さすがに魔獣戦線の終盤は脳が休憩を欲しており、歩きまわっていないと寝てしまいそうでした。
でもそれで調査がおろそかになった気はしません。
ログを読み返しながら「ここ、もっとこういう演出にすればよかった」とは思いますが、
「ああ、寝不足じゃなきゃこの弱点気づけたのに」とは不思議に思いませんでした。

まあでも、あの裏技はもろ怪しいなぁとぼんやり思いつつスルーしてたので悔しかったんですけどね。

まぁとりあえず、……生きてて良かった!

---------------------------------------------
(注1)魔獣戦線:同名のHPで運営されているオンライン専用TPRG。
その高速なプレイングとシンプルな中に包含された面白さは他のTRPGでは味わえない。
定員制だが現在メンバー募集中。
興味のある方は以下のリンクをクリック!
http://www.trpg.net/online/majyuu/index.htm
by phirosu2 | 2011-05-12 23:34 | 魔獣戦線 | Comments(0)
<< 脱走フィーナ追跡作戦 スパイ捜査作戦 >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。