人気ブログランキング |
スパイ捜査作戦
【TRPG感想】
先日は自分がGMのフレイムギア(注1)でした。

GW開始直後にやったセッションだったのですが、なんやかんやで感想を書くのが遅れてしまいました。
その上、今週末には次のセッションが迫っているという……。

嬉しい悲鳴を上げつつも、巻きで感想を書きあげてしまいたいと思います。

ではキャラクター紹介です。





◆キャラクター紹介
■PC番号:PC1
名前(PL名):稲守・光矢(いなもり・こうや)(きゆ)
性別/年齢/種族:男/24/人間
クラス:ランチャー/発明王
ゲーム的特徴:
のきなみガジェット(注2)は揃ってきたので基礎能力を上げるカウルを購入。
地の力が上がるといざってときも対応できるようになっていいですね。
まぁ、彼には今回それ以上の『ある成長』が待っていたのですが。

ロール的特徴:
さて、いよいよ満を持して光矢の主人公回です。
結構重めのキャラクターをふってみたりしましたが、パーティ1の年長者らしくしっかりした答えを聞かせてくれました。
とてもいいロールでした。
あ、でもGMの中の翠さんはもう少しイチャついてくれてもいいって言ってたよ?

その他:
きゆさんご本人も楽しみにしていてくれていたようで、セッション中も楽しそうなのがわかって、こちらも楽しかったです。
新しく登場したモノも気に入ってもらえたようでほっとしました。
これからもよろしくお願いします。

■PC番号:PC2
名前(PL名):ヨシュア・ハイデルン(KKK)
性別/年齢/種族:男/14/人間
クラス:ヴァリアント/運命の少年
ゲーム的特徴:
ヨシュアはカウルではなくまだガジェットを購入します。
前回購入していたローズフレアとブルーフレアを合わせて「ダブルフレア」状態に。
このフレアシリーズは1ラウンドしかもたない消費ガジェットなのですが、その効果中だけは無類の強さを発揮します。
今回も色々とザコを準備したのですが、このダブルフレアで超コンボ状態(注4)に入ったヨシュアは全く手がつけられない強さでした。
こりゃ次回以降何か考えないとなー。

ロール的特徴:
今回、セッション開始前にかーなーり綿密にロールについての相談をしていきました。
その結果は上々だったかな、と。
KKKさんの弱点はアドリブに弱いことと、「ロールの切り出し」が弱いことなので、スタートのきっかけさえ作ってあげればなんとなく回っていくことがわかりました。
次回も攻めていくぞっ。

その他:
他のPLの主役回の間にKKKさんには「一人前のロール」を身につけてもらいたいなーと思っていたり。
「ロールなんてできて当たり前。俺たちの場合、それ以上の何ができるかが問題だろう」とは昔の日記を読み返していて見つけた言葉でした。
彼も早くその域にこないかなー。

■PC番号:3
名前(PL名):如月・竜胆(きさらぎ・りんどう)(ソウ)
性別/年齢/種族:男/15/人間
クラス:アサルトガンナー/強化兵士
ゲーム的特徴:
ガジェットが装備できないネイチャーFLAMEに乗る竜胆。
彼は今回の成長で2つの汎用特技を取得していました。
どちらも母艦を守るタイプ。
今回は元から母艦を攻める予定だったので、非常にいいタイミングでした。
いい読みだったね。
ふふふ、これでいよいよ手加減なしで母艦を攻めても怒られない環境が揃ったね。

ロール的特徴:
エルギスとのイチャラブもかなり来るところまできてマンネリ気味。
その打開策としてオリジナルコンタクトイベント表が提案されたので「じゃあ作って送ってくれたら採用するよ」と言ったら翌日に本当に送ってきました(笑)。
いやはや、実際にその中身が面白いからこれはすごい。
まぁ、ぶっちゃけるとルリルラの歌姫イベント表のパクリといえばパクリなんですが、これがよくできてる。
「戦争が終わった後の未来を語る」とか「ふいに倒れたNPCを看病する」とかニヤニヤできるイベントが満載です。
元からこんなイベントを含んでるルリルラと、それをやっても違和感のないフレイムギアと、それを融合させてしまったソウさんのアイデアに脱帽です。

その他:
エルギスとの絡みもひと段落ついたので、今回はPCとの絆を深めに動いていたのが印象的。
このフレイムギアはNPCとイチャラブするゲームとはいえ、やはりPC同士の掛け合いがあると燃えるね。
そのうち特別ルールでPC同士協力するルールつけてもいいかもしんない。

■PC番号:4
名前(PL名):フィーナ・T・オノデラ(TS)
性別/年齢/種族:女/14/人間
クラス:コマンダー/現代の魔術師
ゲーム的特徴:
フィーナもカウルを購入。
基礎能力を上げてきました。
他は、大きな変更はないかな。
恐らく彼女に大きな変化が起こるのは次回。

ロール的特徴:
光矢がデートイベントをこなす裏で、TSさんはTSさんでこっそり「フィーナがレフィーナに気付くイベント」の下ごしらえをしてました。
最後に特別エンディング作ってあげたら嬉々として演出してたし。
さて、問題は次回ですね。

その他:
今回の特別エンディングで、表の人格フィーナについに二重人格であるということがばれてしまいました。
さあ、今まで培ってきた設定とネタの放出どころ。
TSさんとGMはきちんと山場を越えられるのか?
……次回の話だけどね。

◆粗筋
■今回予告とハンドアウト
とりあえず、今回予告とハンドアウト。

◆今回予告
今日は光矢にとって素敵なデート……になるはずだった。
何も知らずにデートに向かう光矢。
それを見守る仲間たちの視線。
不破翠にかかったスパイ疑惑。
はたして、『宇宙革命党』の正体とは?
デートが佳境にさしかかったそのとき、事件は起こる!
フレイムギアキャンペーン「神の花嫁」
第6話「スパイ捜査作成」
ソウルは輝き、そして歯車(ギア)は回り出す。

◆ハンドアウト
今回は光矢と他のPCの2つです。

●光矢用
今日は不破翠とデートだ。
最近、自分でも驚くほどいい調子だ。
翠さんもなんとなく「その気」のように感じる。
これは……これは……いけるのではないか?!
君は何も知らずに意気揚々とデートに向かった。

●光矢以外用
光矢がデートに出かける日、光矢以外のメンバーはワイバーンのミーティングルームに集められていた。
そこでマリアが言いにくそうに告げたのは「不破翠にスパイ疑惑がかかっている」という事実だった。
光矢はアレなので今回の任務からは外したとのこと。
マリアはなんとか翠のスパイ疑惑を晴らしたいと訴えた。
ちょうど今日は2人ででかけるというので、このタイミングで2人にばれないうちに
調査を終わらせようということだった。
君たちは仲間を信じて調査を開始した。


読み上げる最中『光矢はアレなので』の部分でやたらとみんながツボに入っていたのが印象的。
あれれ、こういう表現使わない『アレ』みたいなときとかさ。

■コンタクト1回目
●フィーナ:フィーナ
今回から、戦友になるNPCとしてフィーナが登場しました。
……ええ、軽くフライング気味です。
TSさんが「フィーナが夢で実験の夢を見たい」というので、フィーナを出してみました。
フィーナは夢の中で自分と同じ顔をした少女2人が実験で苦しめられる夢を見ます。
レフィーナはそれを見ながら舌うちします。
なぜならそれは実際にあったできごと。
レフィーナの双子の妹フィアナが実験で死亡するシーンだったから。
実験が失敗したところで、フィーナは目を覚まします。
夢のことはよく覚えていませんが、とにかく嫌な夢だったという記憶は残りました。

●光矢:マルセル・ヴァンデル
前回光矢が誘ったデートで、今度は翠から誘われたことを報告する。
マルセルは祝福半分からかい半分といった様子で笑いながら話を聞いてくれました。

●ヨシュア:稲守・光矢
前回、自分の生きる道がアーロンダイト以外にもあると感じたヨシュアは勉強をすることに。
大学とかに行こうとして、実際に大学院を出ている光矢に勉強を聞いてみます。
光矢もなかなかそういう付き合いができてなかったので、嬉しく教えます。
おいおい、光矢なんかいい調子だな。

●竜胆:エルギス・ノウク
自作の表の出番でした(笑)。
未来を語る場面で、直近の作戦の話をする竜胆に対し、「ずっとリンの隣にいられたらいいな」なんて乙女なことを言うエルギス。
……これ、ルリルラだったら感情チェック失敗してるね(爆)。

■全体オープニング
そして全体オープニング。
ただし、光矢だけはいません。
なぜならハンドアウトに書いてある通り、今回は不破翠にかかっているスパイ容疑を調査する任務だからです。

なぜ諜報員ではなくフロントのブルードラゴンが調査するのかという問いがありましたが、

マリア「翠が怪しいと思ったら、上の連中は濡れ衣だろうがなんだろうが責任を押し付けちまう」
マリア「わたしはそれが嫌なんだよ。わたしたちできちんと証拠を探してやらないといけないのさ」

ということで、光矢と翠を除くブルードラゴンのメンバーはそれぞれの知己を頼り、調査を開始しました。

■コンタクト2回目
●フィーナ:千葉・秀吉
メカニックのおやっさん。
とりあえず支援効果が強いから、会うことに意味はある。
特に今回の戦闘はきつかったので、この選択は間違いではなかった。
……終わった今だから言えること。

●光矢:稲守・竜美
デートに行く前に竜美にひやかされるの図。

●ヨシュア:フィーナ
光矢たちがデートに行く店を下見しようというヨシュアの提案。

●竜胆:タミヤ・ハセガワ
アーロンダイト基地レポートの際に竜胆にインタビューに来たタミちゃん。
実はこの時点で、竜胆とヨシュアによって「タミちゃんとつかさを同時にクルーにしよう作戦」が計画、実行されていたのでした。
……それで修羅場になるのは竜胆とかヨシュアなのに、PLは気楽でいいよなー。

■前半イベント
前半イベントはそれぞれの戦友を頼りながら、不破翠の身辺について洗います。

その結果、以下のようなことが明らかになります。

・不破翠は日本有数の財閥である不破財閥の一人娘であること。
・不破財閥総帥であり、翠の父である雷童は宇宙革命党と呼ばれる組織に属していること。
・宇宙革命党はアンチダインスレイブとも呼べる思想を持っていること。
・不破雷童はかつて久遠工業にも出資していたが、インフィニットになる際に分離した職人集団久遠党に今は肩入れしていること。

さて、これだけの情報ではまだまだ一体何がなんだかわかりません。
全ては後半イベントに。

■後半イベント
ここで本来ならコンタクトイベント3回目なのですが、うっかり忘れていて後半イベントを先にやってしまったので、その順番で。

翠が行きつけの料亭につれてこられた光矢。
そこの離れには雷童が待っていました。
ダインスレイブを打ち倒すために、光矢がふさわしいフレイムノーツかどうかを見極めようといくつかの質問をする雷童。
それに時に悩みながら、しっかりと答えを返す光矢。
特に、不破雷童に協力することでアーロンダイトにいられなくなるのではないかという疑念があったようです。
仲間を大切に思う光矢に雷童はにやりと笑い、『あるもの』を与えると宣言します。

と、そのとき、突然砲撃が。
雷童曰く、不破財閥総帥の自分を狙ったテロであろうこと。
自分を守ってその力を見せてみろ、とのこと。

ちなみに、他の仲間たちはこの雷童と光矢の会話を盗み聞きできるかという判定をしてました。

■コンタクト3回目
●フィーナ:稲守・竜美
光矢と翠の顛末を報告するフィーナ。
フィーナ「お父さんと会ってますよ!」
竜美「まぁお兄ちゃんたらそこまで♪」

●ヨシュア:久遠・つかさ
他のメンバーがスリリングな展開なのに比べるとヨシュアとつかさはとってもマイペース。
……まさか4回目にあんな動きが待っているとは露知らず。

●竜胆:レフィーナ・T・オノデラ
戦闘開始直前、レフィーナになったフィーナを不思議に思って「戦争のせいで心を病んだのでは」と気を使う竜胆。
ただ彼の中では「敵か味方か」というキーワードのみ。
「自分で判断しな」と不敵に答えるレフィーナでした。

●光矢:不破・翠
料亭の奥から宇宙革命党の地下格納庫に下りていくエレベーター。
やがて見えてきたのは、通常のギガースの数倍の大きさを誇る超巨大ギガース。

翠「これが久遠党が作ってきた超弩級ギガース。あなたに託される人類の剣」
翠「双発霊子力機関を搭載するために巨大になったギガース」
翠「今、端末にスペックシートを送りますね」

と言いながらリアルに紙ペラに書いた新シャーシのデータを渡すGM。

光矢の中の人「うわあああぁぁぁ! スロット数9?!」
竜胆の中の人「いいなぁSランクFLAME~」
フィーナの中の人「なるほどねぇ」
ヨシュアの中の人「本当にツインドライブ出るなんて」

翠「せっかくのデートだったのに、こんなことになってしまってごめんなさいね」
光矢「いえ、俺こそ戦いに巻き込んでしまってごめん」
翠「これでわたしがアーロンダイトに派遣された役目は終わりました。」
翠「光矢さんは……わたしはこれからどうしたらいいと思いますか?
光矢の中の人「翠の手を握ります!」
一同「おおおっ」
光矢「俺と一緒にいればいい。こんなものをもらったなら、俺は、この力を使って、この世界を、君を守ることに全力を尽くすよ。だから、傍に、いてくれ」
翠「こんなおばさんでもいいの?」
光矢「年齢なんて関係ない」
GM「じゃあ、そこで翠はそっと目を閉じます」
光矢の中の人「えー、と、ぎゅっと抱きしめます」
光矢「行ってくる!」

エレベーターが止まり、光矢は超弩級ギガースに乗り込むために走りだしました。

■戦闘
戦闘は、まぁ、ちょっとPLに謝らなきゃいけないかなーなんて。
いやまあ最近色々仕込みすぎかなと思って純粋に力押しで強い敵を出しました。
それとちょびっとだけオリジナルスキルを……。

設定的には、不破雷童を狙ってきたデスサイズという秘密結社たちでした。
不破雷童は光矢に「その力を使って俺を守ってみろ」ということでマップ上に残ることに。
不破雷童を守りながら戦う戦闘でした。

ザコ強化スキルによって尋常じゃない強さになっていたザコ戦線はダブルフレアによってザコを一撃で葬る力を得たヨシュアによってあっけなく崩壊。
ボスも実はヨシュアの必殺の一撃でHPなくなっていたんですが……。
えーまあ、なんていうかオリジナルエーススキル《1ラウンド目では死なない》によってながらえました。

2ラウンド目に顔見せで登場したこちらも超弩級FLAME。
尋常じゃない広範囲高威力攻撃を母艦狙って的確に放つ強敵でした。
あと、装甲が300もあってPLたちがひいひい言ってました。

戦闘のバランスは上手く考えないといかんなー(苦笑)。

あと、本当は前回やる予定だった竜胆の月影覚醒シーンもやりました。
月影がエルギスの支援効果を受けて翼が生えてSランクFLAMEに進化した天翔月影になるシーン。
竜胆機体の複座機、しかも座り方は横座り(エウレカセブンのニルヴァーシュみたいなタイプ)です。

■エンディング
無事に不破雷童と不破翠を守りきった光矢たち。
不破雷童は、翠のスパイ疑惑は全て雷童が行わせていたことであり、アーロンダイトに不利益なことは一切ないこと。
そのことについて何かあったら全て雷童がなんとかしてくれることを約束して去って行きました。
めでたしめでたし。

■コンタクト4回目
●フィーナ:ボリス・フルチンスキー
戦闘後はボリスに報告に来るのが習慣化してきたレフィーナ。
しかし、今回はなぜかボリスは慌ただしげ。
なぜならボリスもついに友情度が5たまったのでワイバーンに引っ越すことにしたのだという。
雑談の中で、ボリスの口から「ダインスレイブ」という言葉を聞いた瞬間、レフィーナは強い頭痛を感じて気を失うのでした。

●光矢:不破・翠
今回のデートがこんなふうになってしまったので、また改めてデートする約束をとりつけました。

●ヨシュア:久遠・つかさ
また話をしようと赴くヨシュアをなぜか拒否するつかさ。
つかさは「これ以上、わたしと仲良くしないでください」という謎の言葉を残して黙ってしまうのでした。

●竜胆:エルギス・ノウク
自作の表をふった結果、戦闘で負った傷をお互い包帯を巻いたりしてるシーンでした。
周りからは妬み嫉みビームがめっちゃ出ていることに気付かない2人。
……ワイバーンのクルーたち、強く生きろ。

●特別エンディング
気を失ったフィーナが気が着くと、そこは医務室。
誰もいない医務室のベッドに、不自然に情報端末が置いてありました。
勝手に再生が始まるそれは、今回の最初に見た夢と同じ内容。
いや、きちんと記録された映像とデータはそれが夢ではなく実際に過去にあった出来事だと示していた。
かつてレフィーナとフィアナという双子に実験が行われ、妹のフィアナだけが死亡したという事実。
そして、レフィーナと呼ばれている少女こそ、自分自身だという真実。
信じられない真実を目の当たりにしてフィーナは再び気を失ってしまうのでした。

◆反省と考察
ロール:4点
ゲーム:3点
ストーリー:4点
ボーナス:4点

ロールは光矢の中の人の頑張りと、他のPCの冷やかしにポイント。
いやー、やはり主役をきちんと定めると脇役は脇役として輝く動きができるね。
そしてきゆさんは前にキャンペーンのPC1を任せたこともある通り、やはりPC1力がある。
ロールしていてとても楽しいセッションでした。

ゲームも実は4点入れたいんだけどなー。
光矢のヘラクレス、竜胆の天翔月影、それに今回はデータだけだったけどレフィーナ&フィーナにジェミニストライカーなんてSランクFLAMEを3つも作ったんだし。
まぁ……それで調子に乗って強い敵作りすぎて戦闘でちょっとPLがだれちゃったからな。
少し辛めに3点で。

良かった点
・光矢のシーンは盛り上がったね。
悪かった点
・戦闘長引いた。


・光矢のシーンは盛り上がったね。
上でも書いたが、これは光矢のPLきゆさんの実力によるところが大きい。
あと、それを冷やかすように動いたTSさんたちのバックヤードの動きも楽しさを生んだ原因だろう。
そろそろPC同士が知らない仲じゃなくなってきたので、いい相乗効果が生まれてきたかな。
いよいよ次回はレフィーナが主役。
あまりPC1力がないTSさんだが、はたして大丈夫かな?(笑)

・戦闘長引いた。
うーんー、これはどうしようかな。
PLたちが「戦闘って大体1ラウンドで終わるよね」っていうから終わらないようにしたら敵が強すぎた。
装甲値が高いと削り作業感が出る。
かといって当たらない敵だと倒せない予感がする。
1ラウンドだと戦いに全てを出しつくした感がない。
かといって戦闘ラウンドが長引くとPLに疲れが出る。
……む、難しいな。

PCによって1ラウンドで全てを出し切るヨシュアみたいなPCと、長い時間をかけて削っていく竜胆みたいなキャラがいるからなぁ。
とりあえず、戦闘がきつくなりそうなときはロールは控えてもいいよーって事前に知らせとくか。

-----------------------------------------------------------
(注)フレイムギア:ロボットシミュレーションRPG。
ゲーム的なバランスとNPCとのロールがいい具合にまざってるもっと評価されるべきRPG。
やはりロボットか。
今時ロボットが流行らないのか。

(注2)ガジェット:ロボットを強化するパーツの一種。
攻撃をする武器だったり、基礎能力を上げるパーツだったり、様々な効果を持つ。
ファンタジーRPG風にいうならマジックアイテムといったところか。

(注3)カウル:骨組みを覆う装甲のこと。
ガジェットがマジックアイテムならカウルは基礎能力を上げる武器防具と言ったところか。
特殊な効果はないが、基礎的なステータスが上昇するパーツ。

(注4)超コンボ:ブルーフレアの効果は「ザコに攻撃が命中したら、HPがいくら残っていようが撃墜する」。
ローズフレアの効果は「SEDをチャージするときに追加で1枚チャージできる」。
このゲーム、特技のコストとなるSEDカードは基本的にラウンド終わりに再利用できるようになるか、手札から再チャージするしか回復する方法はありません。
ただヨシュアの場合、その異常な行動回数とこのダブルフレアのおかげで他の機体の3倍以上のスピードでSEDが再チャージされます。
本来は高コストすぎてラウンド1回しか全力で打てないはずの必殺技が2回も来るとか。
ほんと、1ラウンド目のヨシュアは手がつけられない。
by phirosu2 | 2011-05-12 23:31 | フレイムギア | Comments(0)
<< VS蒼笑騎 4月をふりかえる >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。