<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Insel
今日はグリフさんのDX2でした。
アウトランドで追加された新ステージ「カオスガーデン」。
カオスガーデンとは動物だけが暮らす島でEXレネゲイドに感染した動物オーヴァードで遊ぶステージです(といっても今回は動物PC一人だけですが)。
今回のセッションのタイトルはドイツ語で「島」ってことらしいです。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-05-31 22:30 | DX2 | Comments(0)
シナリオクラフトやってみた
今日はTRPG団でTSさんのアルシャードガイアでした。
シナリオクラフトっつうランダムシナリオジェネレイターをやりました。
面白さは及第点だけど、なんていうかまあ初めてやったっつう言い訳は通じるかな?
特殊な遊びだとは思っていたわけだが、普段のTRPGがサッカーだとして、シナリオクラフトはフットサルぐらいの違いなのかと思っていた。
全然違った。
例えるならバスケットボールか。
例えた対象に特に意味は無いが、それだけ「違う遊び」だということ。

いやまあTRPGには違いないんで、GMの権威の大きさの違いだと考えればいいのかな?
簡単に説明するなら、シナリオで何が起こるかをランダムチャートと参加者の相談で決めていくゲーム。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-05-29 01:32 | アルシャードガイア | Comments(0)
大地の巫女
今日はTSさんの天羅WARでした。
ちょっと前にキャラメイクしたまま放置してあったキャラでやっとセッションです。
PCは三人。
天羅の少年型傀儡で陰陽師な緑(リョク)。
テラの機甲猟兵オートマータなガングート。
そして天羅からは鬼、テラからはオーガと呼ばれるル・ティラエという角のある種族の戦士、ダル。

こんな連中が登場する物語のあらすじ。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-05-26 02:43 | 天羅WAR | Comments(0)
ブレイブストーリー
久々に宮部作品を読んだ。
なんかこう、久々にラノベじゃないきちんとした小説を読んだといった感想。

ま、動機は不純で、映画を見た(TVではなく、きちんと映画館に見に行ったので……何年前だ?)ときに
「う~ん……これは明らかに削りすぎだなぁ。元がどうなのか気になる」
と思い、それ以来図書館とかで借りられてないときを待っていたら、友人が持っていたので借りて読んだ程度の軽い気持ち。

昔狂ったように宮部作品を読み漁ったのは高校生の頃だった。
あの頃の自分とは、あまり変わってないようでいてきっと色々変わってるんだろうなぁ。
先日まで高校生だった友人もちょうど同じぐらいに読んでいたらしいが、その感想が「最初の欝なシーンが大変だった」というもの。
自分は逆だ。
そういうシーンをしっかりと書けて、さらにビジョンに移ったあとの派手なシーンもしっかりと書けるということに驚きを隠せない。
ある意味「とてもリアリティのあるファンタジー小説」。
こういう「書き手」としての視点ができたのも大体大学生になって数年だから、昔読んだものも今読み返すと全然違う風に感じられるかもなぁ。

ビジョンの世界は人ではない人や魔法があり、不思議なことがいっぱいだけれども、そこに生きる人々の思いや悩みは現実世界となんらかわらない。
そして主人公もまた、同じ。

宮部さんの得意(?)な手法に「繰り返し」というものがあるように感じる。
似たような状況に同じ人が放り込まれる。
しかし、その人自身に様々な変化があるゆえにそこでの決断は違うものとなる。
作劇的には基本的な手法なんだろうが、それをきちんとしっかりと効果的に書けるかどうかってのは非常に大事だと感じた。

読み終えて、ふとある作品を思い出した。
かつて話題になった「千と千尋の神隠し」である。
あれも、主人公が異世界に行き、現実で見失っていたものを見つける話である。
しかし、いかんせん尺の問題で「あれれ?」という印象だった。
映画のブレイブストーリーもまさにそんな感じ。
どちらも感想としては「時間足りてないなー」。
原作を読んだ今、「これこそが、千と千尋が書きたかったことなんだろうなぁ」と両作品の作家さんには失礼だが、思ってしまった。
主人公が異世界に行き、様々な経験をして(←これ重要。千と千尋とか映画版ブレイブはここを端折ってたから×)、最後に現実に戻っていく。

上中下巻に別れていたわけだが、上と中は一週間ずつかけたのに、下巻はそれらが一気に収束する盛り上がりがすごくて、思わず読みとめられずに一日で読んでしまった(笑)。

やっぱ、宮部さんの作品は面白い。
また図書館から少し借りて読み返してみようかな。
今の自分なら、当時理解できなかった部分も理解できるかもしれないし。

……読み返してみて、見事に支離滅裂だけれども、ま、いいか( ==)y-~~~

[PR]
by phirosu2 | 2007-05-23 23:18 | TRPG雑感 | Comments(0)
ハートセイバーズ
先日はSF研で自分がGMのハートセイバーズでした。

ハートセイバーズっつーのは少し前から忘れた頃に日記に書かれていた作成中のオリジナルシステムの名前です。
いよいよバージョンも0.8になり、完成まで目前です!
テストセッションを繰り返して、敵の強さとかバランスとっていきたいねぇ。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-05-12 01:26 | ハートセイバーズ | Comments(0)
……ついにやってしまったorz
連休の貴重な一日を、衝動に任せて珍妙なものづくりに費やしてしまったorz
あーあ・・・こんなもの作ったからって一体誰がやるんだよ(苦笑)。

自分でGMやるっきゃないかぁ?
でもなあ、とりあえずセッションの機会はオリジナルに費やしたいしなぁ。

悩んだ結果、ここに晒してあとは見てみないふりをすることに決めた。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-05-03 00:10 | TRPG雑感 | Comments(0)


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。