<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
守る人
今日はTRPG団の例会でした。
卓は三つ。
内海さんのDX2(平安)、ソウさんのルリルラ(ハウスルール)、そして自分のハートセイバーズ(オリジナル)でした。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-30 23:16 | ハートセイバーズ | Comments(0)
魔獣戦線剣封帳第一回
先日は魔獣戦線でのセッションでした。
参加PCは天才の字をもつ俊也。
あらすじはまあログ(http://www.trpg.net/cgi-bin/irc_view.cgi?channel=majyuu_stage&day=20070428#220000)読んでもらうとして、感想とか。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-30 23:13 | 魔獣戦線 | Comments(0)
ルリルラドライその2
今日はTSさんのルリルラでした。
ルリルラといってもただのルリルラじゃありません。
先日ソウさんとTSさんが作り上げたルリルラドライ(仮)です。
新規参入の一ペアを除き既存のペアをドライにコンバートしてのミニセッションでした。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-24 01:35 | ルリルラ・ドライ | Comments(0)
ルリルラドライ
昨晩は書いてる途中で眠気に負けて全て消してしまったので書き直し書き直し(苦笑)。

えーと、前回の日記は・・・ソウさん家でルリルラをやったって話か。
そこでやったルリルラがですね。
ただのルリルラじゃなかったんですよ。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-22 11:50 | TRPG雑感 | Comments(0)
新米英雄のお仕事
今日はソウさんのルリルラでした。
といっても本来のルリルラではなく・・・詳しくは次の日記で。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-22 01:43 | ルリルラ・ドライ | Comments(0)
魔女っ子/魔獣戦線/表現方法/感想
なんか最近たまに魔獣戦線の感想をここに書いてる気がする。
・・・ほとんど対象が水無月さん限定のような気がするが・・・まあいいか。
自分だってGMやって感想もらえると嬉しいからね!
自分が嬉しいことは他人にもしてあげろって小学校で言ってたし!(自己完結)



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-17 04:50 | TRPG雑感 | Comments(0)
夢魔の誘い
今日はTSさんのギガントマキアでした。
数日前の「何やりたい?」って質問に「天羅」とか「デモンパ」と答えたのに自分の希望は一切無視されてギガマになりました。
久々にやってやはり感じたのは自分はこのシステム大好きだったんだなあということ。
数回しかゲームやってないのにルールほとんど覚えてたんですよ。
記憶力悪い自分にとっては奇跡的なことです。
まあ大好きなシステムですが、大嫌いでやりたくないシステムの一つでもあります(苦笑)。
詳しくは最後に。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-17 02:48 | ギガントマキア | Comments(0)
戦争と平和と
今日はTSさんの天羅WARでした。

永遠に終わらない戦国時代、天羅。
永遠に終わらない開拓時代、テラ。
一つの惑星に(表向きは)全く触れずに発展した二つの文化。
その二つが巡り合ったとき、争いが起こるのは必然だった。
ただしかし、誰がその結末を予想できただろう。
その戦争は天使という無差別殺戮者の登場によって天羅とテラの自然休戦となった。
天使という共通の敵を前に、両勢力はそうせざるを得なかったのだ。

世界観は大体こんな感じ。
まだちゃんと読んでないけども、世界観は嫌いじゃないなぁ。
ハードファンタジーな印象?
敵の敵は味方っつー理論にはいまいち納得しかねるけど、最近の風潮なのかねぇ?



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-12 10:21 | 天羅WAR | Comments(0)
その後のその後
四月馬鹿の日に書いたけど、実は全く脚色なしの本当のできごとだったりする。

今まではざっと「こんなことできたら面白いかなぁ?」っていうフィーリングで作っていた。
それでもそこそこ面白いものはできあがってたので、数打てばあたるのかなー?と思って続けていたわけだが、今回、いいかげんネタ切れなどの理由から初めてきちんと「理論にのっとったシステム作り」をしてみようと・・・。



つづき
[PR]
by phirosu2 | 2007-04-03 00:00 | TRPG雑感 | Comments(0)
おりじなるシステムその後
理論は完璧だった!

このシステムには「困ったチャンが生まれない」システムを組み込んであり、それが見事に機能していた。
この先のはてにある理想、『万人が楽しめるRPG』は決して夢なんかじゃない、そう思えた。

しかし失敗した!
なぜ失敗した?!

原因はわかっている。
俺の、GMの力不足。
デザイナーである俺が一番上手く扱えるはずなのに!
悔しかった。
全てが予想通りにいっていたのに、最後の最後で歯車が狂った。
悔やんでも悔やみきれない・・・。

[PR]
by phirosu2 | 2007-04-01 12:05 | TRPG雑感 | Comments(0)


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。