カテゴリ:TRPG雑感( 58 )
大畑先生のGMテクニック(ふぃあ通2017年11月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマは「ハンドアウトの書き方」……の予定だったが、社長が諸事情で欠席。
その結果、ゲストの大畑先生のGMテクニックを公開しよう、ということになってました。
これから社長が欠席したときは、そのときのゲストのGMテクニックを公開してくらしいですよ。




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-11-28 06:28 | TRPG雑感 | Comments(0)
ダブルハンドアウトのどこが面白いか+作り方のポイント(ふぃあ通2017年10月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマは「ダブルハンドアウト」。
いわゆる「表ハンドアウト」と「裏ハンドアウト」というものだ。
FEARの製品では「NOVA」と「DX」に搭載されているシステム。
システムによって色々呼び名はあるが、可読性を重視して今回の感想では「裏ハンドアウト」で統一していこうと思う。

ラジオ内でも解説されているが、一応説明すると以下のような感じ。
・表ハンドアウトはシナリオ開始前に全員に公開される。
・表ハンドアウトを選んだら、それに対応した裏ハンドアウトを本人だけが見る。
・ゲームによるが、裏ハンドアウトを公開するためには条件があり、公開するとなんらかのボーナスがもらえたりする。

ちなみに、NOVAだと「全員公開すると面白くなるように」シナリオが作られているらしい。
シナリオ開始時に「全員公開を前提としてます」みたいに宣言するようにガイドがあるとか。
逆にDXでは全員公開しなくてもシナリオが終了するように推奨されてるらしい。

以上がダブルハンドアウトのおおまかな説明。
で、ここからが本題。
社長がお題を「ダブルハンドアウトの面白いところはどこか?」と指定。

各人の答えはこちら。


つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-11-04 09:41 | TRPG雑感 | Comments(0)
GM奨励キャンペーン第3回「読者投稿特集」(ふぃあ通2017年9月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマは読者投稿特集。
過去2回のGM奨励キャンペーン「GMは何が楽しいのか?」と「GMをしやすいシステムは?」に対する読者投稿のお話。
FEARのHPや、Twitterのハッシュタグ「#鈴G」による視聴者の声を特集する感じ。

今後も定期的に投稿特集はやるっぽいので、GMやっていて疑問に思ったこととか悩みがある人は送ってみると採用される確率結構高いんじゃないかな。




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-10-02 09:09 | TRPG雑感 | Comments(0)
GM奨励キャンペーン第2回「GMしやすいゲームは何?(デザイナーによるプレゼン合戦)」(ふぃあ通2017年8月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマはデザイナーによる「GMしやすいゲーム」のプレゼン合戦。
先月から始まった「GM奨励キャンペーン」の第2弾。
ゲストのからすば晴先生、きくたけ先生、鈴吹社長が、「GMしやすいゲーム」をプレゼンして、
小暮さんがどのシステムでGMやってみたいかを決める内容でした。




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-08-27 08:13 | TRPG雑感 | Comments(0)
GM奨励キャンペーン第1回「GMは何が楽しいのか」(ふぃあ通2017年7月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマは「GMは何が楽しいのか」。
今回から数回、GM奨励キャンペーンが始まるらしいですよ?
周りの人にGMをやってほしい人は要チェック! かもですね。

社長曰く「GMは、準備が必要。責任感も必要。ではなぜそんな大変なGMをやるのか?」
「なにがそんなに楽しいのか」ということで今回のお題になる。

まずはゲストの遠藤先生の回答から。




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-07-28 00:53 | TRPG雑感 | Comments(0)
視聴者の質問に答える回(ふぃあ通2017年6月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今月のテーマは「視聴者からの質問に答える回」。
結構たくさん届いているらしいお便りの中から、答えやすいものに回答していく感じでした。

まずは内容と回答を列記しとくかな。




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-07-07 05:52 | TRPG雑感 | Comments(0)
GMが卓について最初にやること(ふぃあ通2017年5月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今月のテーマは「GMが卓について最初にやること」。
「こんにちは~」と卓に人が集まって、最初にGMがやるべきこととは、というお題。

今回は初めて視聴者の回答が紹介されたので、それとゲストさんの回答を混ぜて並べます。




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-06-07 08:37 | TRPG雑感 | Comments(0)
シナリオを作るときに守ること(シナリオの作り方その2)(ふぃあ通2017年4月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今月のテーマは「シナリオの作り方」第二弾。
「シナリオを作るときに、社長が必ず守っている、守ろうとしていること」




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-04-30 09:53 | TRPG雑感 | Comments(0)
シナリオはどこから作るか(シナリオの作り方その1)(ふぃあ通2017年3月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけさんやゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今月のテーマは「シナリオはどこから作るか」。
最近はサンプルシナリオも増えたとはいえ、やはりGMの仕事の一つである「シナリオ作り」。
そのシナリオは、どこから作るのがよいか、というお話。




つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-03-28 06:53 | TRPG雑感 | Comments(0)
セッション中にGMが見るべきもの(ふぃあ通2017年2月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけさんやゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今月のテーマは「セッション中のGMの視線」。
セッション中にGMは何を注意して見たらいいのか、というお話。






つづき
[PR]
by phirosu2 | 2017-03-08 07:04 | TRPG雑感 | Comments(0)


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。