仮面のアプリ
【TRPG感想】
先日は自分がGMのマージナルヒーローズ(注1)でした。

無事に2回目を開催できました。
とりあえず1回やるのはできるんだけど、この第2回はいつも緊張するんですよね。
キャンペーンの方向性を決める大事な回だといつも思ってます。

結果として、う~ん、可もなく不可もなく。
悪くないけど、大絶賛する感じでもない感じでした。






◆キャラクター紹介
■PC番号:1
名前(PL名):立向謳歌(タイムカイ・オウカ)/マスク・ザ・キッド(鶏坊)
性別/年齢/種族:男/14/人間
クラス:ベルトアーマー1/オーラアーツ2/ヴァリアスライフ
ゲーム的特徴:
WEBキャラシーはこちら。
http://character-sheets.appspot.com/mar/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYmsfoaQw

少しリビルドしましたが、近づいて殴る基本は健在。
このゲームは、以前やっていたメタリックガーディアンに比べると数値がおとなしい感じなのかな。
一気に強くなるというよりも、じわじわ強くなる感じのするゲームでした。

謳歌は、シーン持続のセットアップ特技を2つ取って「俺はまだ変身を残している」とか中二病台詞を吐いてました(笑)。
多分、そういう演出が想定されてるんだろうなぁ。

ロール的特徴:
前回ヒーローとして覚醒し、今回は自分の力の使い方を考えさせられる話。
とはいえ再び幼馴染が窮地に陥るので、それを助けに動いてくれる王道主人公でした。

今回は王道っぽい話を素直にやろうと思っているのでその調子で進んでもらえると嬉しいです。

その他:
今回キャンペーン初参加の鶏坊さん。
考察でも書いてますが、色々とフレッシュで楽しいです。
引き続きよろしくお願いします。

■PC番号:2
名前(PL名):宇田川杏輝(ウダガワ・アキ)/スプリンクル・ピース(青海)
性別/年齢/種族:男(変身すると女)/14/人間
クラス:プリティ1/フォーチュン2/マジシャン1
ゲーム的特徴:
WEBキャラシーはこちら。
http://character-sheets.appspot.com/mar/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYh-bAbAw

フォーチュンを伸ばしてFP回復特技を取得。
ご本人は「使いどころないかもなー」と言ってましたが、きちんと活躍してましたね。

ミニセッションだった前回と違ってふりなおしも大活躍。
ノノさんの支援付きとはいえダメージもそれなりに出ていて八面六臂の大活躍でした。

ロール的特徴:
個人的には今回の裏MVP。
話をスムーズに進めるためにノノさんと話を合わせてくれたり、NPCの明ちゃんにうまく接してくれたり。
非常にGMフレンドリーで助かりました。
ただ、例によって青海さんはスロースターターなので、もう少し色々とこねこねできそうな予感。

次回は杏輝回の予定(注2)なので期待(覚悟)していてください。

その他:
フィロスのキャンペーンではおなじみになってきた青海さんです。
冴えわたるデータ勘と、斜め上をいく設定でいつも驚かせてくれますが、新しいゲームなのでまだ大人しめ。
化けの皮がいつはがれるか期待してます(笑)。

■PC番号:3
名前(PL名):法花望(ノリハラ・ノゾミ)/スペリオルアルケミスト・ノノ(TS)
性別/年齢/種族:女/不明/一応人間?
クラス:プラトゥーン3/エンシェント1
ゲーム的特徴:
WEBキャラシーはこちら。
http://character-sheets.appspot.com/mar/edit.html?key=ahVzfmNoYXJhY3Rlci1zaGVldHMtbXByFgsSDUNoYXJhY3RlckRhdGEYgObgagw

リビルドしてプラトゥーン1本伸ばしに。
曰く「このゲーム、CL依存が多いから1本伸ばしが強いんですよ」とのこと。
まあ、SRSのゲームは概ねその傾向はあるよね。

新規取得したふりなおしとダメージ増加が大活躍でしたね。
保護者キャラと支援するスタイルもマッチしていたので、とても安定していたと思います。

ロール的特徴:
変身前の姿がちびっ子先生なので、どんな感じかと思ってましたが、結構ちゃらんぽらんな不真面目先生で笑いました。
まあでも、ブレードとのやり取りは楽しかったので結果オーライ。
これからも、シナリオを進めるために後輩たちを導いていってください。

その他:
フィロスキャンペーンおなじみのTSさんです。
実はここまで普通の保護者キャラってTSさんにしては珍しいんじゃないかな?
少し不安を感じながらお願いしてますが、きっちりチームをまとめ上げてくれてるので、さすがTSさん、という感じ。
引き続きよろしくお願いします。

◆粗筋
■前回の粗筋
普通の中学生、謳歌。
先祖代々ヒーローとしての力を受け継ぐ杏輝。
街のはずれの研究所で昔から錬金術の研究をする年齢不詳の望先生。

そんな彼らの住むチバシティには有名なヒーローがいた。
筋骨隆々にして、猛々しいマスク、そして必殺の空手の使い手、マイティマスク。

そんな彼との一騎打ちを指名するヴィランが現れた。
人質にとられたのは、謳歌の幼馴染の明ちゃん。
ヒーローたちは人質を前に、マイティの一騎打ちを静観するしかなかった。
人質をとられて袋叩きにあうマイティ。
マイティが大ダメージを受けてピンチのそのとき、偶然近くにいた謳歌。

マイティは「そうか君が……」と言いつつ、彼の力を謳歌に託した。

ヒーローとして覚醒した謳歌、マスク・ザ・キッドは、杏輝が変身したピース、望先生が変身したノノと協力して明を救出。
なんとかヴィランを退ける。
しかし、急に力を使った謳歌はそのまま入院するのでした。

■オープニング
前回、入院した謳歌のところに謎の大男……まあ、ありていにいってマイティの正体が姿を現したところで終わりました。
今回はその続きからです。

その大男の正体は、明の父親の厳さん。
色々雑談した結果、隣で空手道場をやっていて、明も空手やってることになりました。

厳さんは、人に聞かれないように屋上に移動してからマイティの力の秘密について語ります。

・マイティの力の根源である「獣の力」。
・その獣は名前がないのではなく「名前が封印されている」。
・その存在を知ったオーディナリーは運気を吸われて死ぬまでファンブルしかしなくなる。
・だから、マイティは力を隠すためにずっと正体を隠してきた。
・キッドも、ヒーローはいいが、オーディナリーにはその正体を知られてはならない。
・厳さん自身は、超直感のような近未来予知能力を持っている。ただ、たまに遠い未来もぼんやり見える。

ぶっちゃけ、厳さんの能力はGMの都合のいい情報を渡すために便利な能力なのでくっつけました(爆)。

厳さん「ずっと誰かに渡すということはわかっていたのだが、まさか君だったとはな」
厳さん「謳歌君、ヒーローには強い力と同時に大きな責任がある」
厳さん「君がなんのためにその力を使うのか、きちんと見極めてほしい」

なんて前回の話の続きが終わり、やっと今回の話が始まります。
今回のお話は謎のアプリ「ブリザード(注3)」というお話。

中学校の理科準備室でのんびりしてる望先生のところに総帥ブレードから伝令ゴーレム(ぶっちゃけミニドローン)が飛んできます。
その呼び出しに応じた望先生は、正体を隠すヒーロー専用通路(注4)でブレードのところへ。

・VRアプリ「ブリザード」が大流行している。
・写真をとるときに動物の耳や鼻がつくのだが、画面の中だけでなく実際に頭にくっついたまま残り、コスプレのように楽しめる。
・しかし、使いすぎると消えなくなるという噂がある。
・実際に消えなくなる事例はHAでも確認できている、しかし警察もアプリストアも動かない。

ブレード「これは怪しい。裏で悪の組織が動いてると思わないかい?」
ノノ「確かに怪しいわね。ところで、ブレード、あなたは動物何が好き?」
ブレード「僕は牛が……ってなんでカメラ構えてるのさ?!」
ノノ「まずは実物見てみないと、と思って(笑)」
ブレード「消えなくなっちゃうって言ったでしょ!? 僕人前に出る仕事なんだから!」
ノノ「ブレード……あの尖ってた頃とは変わってしまったわね」
ブレード「立場が人を変えるんだよ、ノノさん……って、だから撮ろうとしないで?!」

HAトップのブレードとノノさんの関係性が見える一幕でした(笑)。

そして杏輝君には、夜中に個別LINEが届きます。
相手は謳歌の幼馴染の明ちゃん。
添付された写真には猫耳がついた明ちゃんと「消えなくなっちゃった」というメッセージ。
とりあえず電話をして、翌日の学校は休んで凌ぎ、その間に杏輝がなんとか調べるということに。

この辺り、まだ杏輝のキャラクターが掴めてないので、ちょっと強引に「宇田川君ならそういうの詳しいかなと思って」とGMが無茶言ってます。
でもそれに乗ってきてくれた青海さんのファインプレーです。
優しいGMはきちんと事前確認をしようねっ。

■ミドル
ブレードの要請により、謳歌を連れてHAへと行く望先生。
実はシナリオではこのとき杏輝はすでに調査を始めてるかなーと思ってたんですが、PLさんたちが協力して3人一緒に依頼を受けることにしました。
杏輝のコネクションでもある十兵衛さんの喫茶店で、裏メニューを頼んで奥の個室に行くとか雰囲気ある演出しつつ、依頼を受ける3人。
ついでに、謳歌もHA所属になりました。

杏輝「あ、僕もヒーローだから」
謳歌「え? えぇ?! 法花先生もヒーローだったのに、宇田川君も?!」
望「ええ、そうよ」
謳歌「先生、あのクラスにはあと何人ヒーローいるんです?」
望「(ころころと突然ダイスをふる)7人ぐらい?」
謳歌「え?!」
GM「ちょ、そんなにいません!(笑)」
望「嘘よ。他にはいないわ(笑)」

そして滑らかに情報収集シーンへ。
この辺り、今回GMはある企みがあってわざとあまり演出せずに進めております。企みについては考察で。
情報収集の結果、わかったことは以下のような感じ。

・アプリストア的には、警察からも何も言われないので噂と思ってる。
・警察は、捜査したいけれど上からなぜか許可が下りない。歯がゆい思いを感じている。
・明ちゃんを調べると、切り取ったり外科的な手段では取れなさそう。
・アプリの元データをきちんと解析すれば、治療するヒントが得られるかも。
・アプリ開発会社「株式会社氷河期」は、ペーパーカンパニー。裏でSB社(注5)とつながっている。

ここまで調べると、突然PCたちは電子空間のようなものに取り込まれます。
そこには、顔がテレビで両手がアンテナになっている今回の怪人。
ただ、自動応答BOTらしく会話はできませんでした。

ナイトエレキ「この程度の自動索敵ファイヤーウォールにひっかかる小物なら、戦闘員で十分であ~る」

わらわらわいてくる戦闘員たちに囲まれ、どうやら穏便に済ませてくれる雰囲気ではなさそうです。

謳歌→キッド「牙よ、届きたまえ! 変身!!」
杏輝→ピース「潅げ、縷々綿々たる神魂よ。変身!」
望→ノノ「今こそ現れろ! 偉大なる我が叡智の力の結晶、アルケミックヘタイロイ」

謳歌の全身を獣毛が多い、筋肉が肥大化していき、どこからともなくマスクが。
杏輝の身体が女性的な膨らみを得て、そして煌びやかな服装を纏います。
望先生の身長がぐぐっと伸びて、地面から巨大なゴーレムが現れ、その肩に飛び乗ります。

そう、今回の目玉である「全員並んで変身シーン」です。
個人的にこれができたので今回のセッションはもう満足です(おい)。

あとゲーム的には存在しない「エネミー識別」というルールを導入して敵の特技だけ公開することにしたり。
戦闘員は《数は力》というたくさんいると怖い能力があったのですが、レベルアップしたPCたちに一蹴されてしまいました。
《イベイジョン》はゲームを楽にするけどちょっとつまらないなー(苦笑)。

襲ってきた戦闘員も凌ぎ、そして株式会社氷河期へと調査に赴く一行。
プチFS判定(注6)を行って明らかになった情報はこちら。

・ブリザードはヴィランの現実改変能力を、電子端末を経由して広範囲に広げる「実験」だった。
・本来耳や鼻は消えるはずだが、プログラムにバグがあり残ってしまうことがあった。
・バグフィックス版のアプリをインストールすれば治るはずだが、現実に影響を及ぼすため、くっついていた部位も一緒に消える可能性がある。
・これからPC達の通う大嵐中学(注7)で実験を行う。

ここでブレードから通信が入ります。
PCたちの通う大嵐中学が「不発弾が見つかった」ということで警察に包囲されているらしいとのこと。
このタイミング、そしてPCたちの集めた情報からして、これは真実ではなく背後にヴィランの暗躍があるに違いないとのこと。
PCたちは母校に急ぎます。

■クライマックス
大嵐中学の周囲には、ミドルフェイズでPCたちを包んだ結界的なものがありました。
これもオリジナル設定ですが、ヴィランが邪魔者を排除するためにつかうものということにして、「ヴィラン結界」と勝手に呼ぶことに。
教室や道端では、犬耳や豚鼻が消えなくなっている人たちが気絶して残っています。
そして、どうやら怪人ナイトエレキは今まさに、新アプリを結界内の人で実験しようとしている様子。

ノノ「結局、どうすれば治療できるの?」
GM「ナイトエレキを倒すと、更新版のアプリデータが手に入ります」
GM「ただこれを単純にアップロードするだけだと、運が悪い人は頭ごとなくなります」
キッド「げげ」
ピース「頭ごと……」
GM「アップロードするときに幸運判定があるので、それに成功すれば無事に増えた耳や鼻だけ消えて正常なアプリになります」
ノノ「なるほどね。《グレイトサクセス》か……」
ピース「それか、ハンドアウトでもらったわたしの《ミラクルフェイト》ね」

というわけで戦闘開始です。

前回はサンプルボスを改造したバランスで、PCたちのレインボースクリュー2連発であっという間にやられてしまいました。
ただ今回は違います。
エネミーデータとにらめっこしつつGMがきちんと調整したBOSSです。
一撃は大きくないのですが、行動回数が多くPCたちを追い詰めていきます。

ノノ「……悩むわね。ここでレインボースクリューするとFPオーバーキルになってしまうかも」
ピース「でも、ここでブレイクさせないと後が……」
ノノ「そうね。じゃあ、いくわ。《レインボースクリュー》! 演出的にはゴーレムの大群が踏みつぶす! 蹂躙せよ!!」
ノノ「(ころころ)43点」
GM「あれ、15D?(笑)」
ノノ「今日はちょっと調子悪いわね(苦笑)」
GM「だねぇ(笑)。でも、それはダメですね。ブレイクします。ゴーレムたちの群れに踏みつぶされますが、どんっとそれを吹き飛ばして復活」
ナイトエレキ「わたしは、このプロジェクトを成功させ! もっと上のポジションに着くのだぁ!」
キッドの中の人「うわぁ、生々しい」
ピースの中の人「中間管理職なのね……」
GM「え、いや、SB社ってこんな感じかなって……」
ノノ「あなたの昇進の道はここまでよ! 行きなさいキッド!」
キッド「おう!!」

BOSSブレイク直後、キッドの手番。

キッド「《スーパーアタック》諸々いれて15D! (ころころ)」
GM「期待値なら残る。そして次の手番に~♪ HF乗せて~♪」
ノノ「ここで落とせないと色々とまずいわねぇ」
キッド「(数えて)ダイスだけで54! 合計83!!」
一同「高い……どうだ……?」
GM「………………だめだ! 落ちた!」
一同「やったー!!」

キッドの全力を込めた「右の爪」がナイトエレキの胸板に直撃。
余剰エネルギーが足元を陥没させる演出の大技によって、ナイトエレキは爆発四散しました。
爆発四散した怪人からなぜかアプリの元データを入れたチップが飛んで落ちるというお約束(笑)。
そのチップを手にしたピースが《ミラクルフェイト》を使って全世界のアプリを最新版で危険のないものに変換します。

■エンディング
無事に猫耳ではなくなった明を謳歌と杏輝がお見舞い。

明「宇田川君、ありがとね」
杏輝「別に、大したことしてないよ」
明「ところで2人って仲良かったんだ? 話してるの初めて見たけど?」
謳歌「えー、あー、たまたま共通の趣味があってさ」
明「趣味? なになに? わたしにも教えてよ」

謳歌の中の人「……どうしましょう?」
杏輝の中の人「はは、どうしようかな(笑)」
謳歌の中の人「コスプレとかどうですか?」
杏輝の中の人「あー、確かに今後何かばれそうなときに言い訳できそう」

謳歌「コスプレ、そう、コスプレ! ね、アッキー」
杏輝「そうそう。僕よくしてて」
明「謳歌ってコスプレなんかしたことあったっけ?」
謳歌「ほら、俺ヒーローとか好きだから。マイティかっこいいじゃん?」
明「うん、マイティかっこいいよね!」

……そんな苦しい即興のやりとりで2人が趣味でもないコスプレが趣味になりました(笑)。
はたしてこの3人は三角関係になるのか?(笑)

ノノさんは総帥ブレードに報告に。
安全になったブリザードで遊ぶ総帥とノノさんを秘書がたしなめるシーン等ありつつ締め。

最後は謳歌のシーン。
家の隣の道場で厳さんと対面。

厳「どうだ、何のために戦うかは見つかったか」
謳歌「今回の事件を通して改めて思いました。僕は、明の笑顔を守るために戦いたいです」
厳「いい答えだ」

ついでに厳さんのところで空手を習い始めることになった謳歌。
というところで今回のセッションはおしまいです。

◆反省と考察
ロール:4点
ゲーム:4点
ストーリー:3点
ボーナス:3点

ロールはちょっとおまけして4点かな。
多分この面子の4点はもっとレベルが高いはず。
ゲームは、狙いが概ねうまくいったので4点。
こっちは4.5点的なイメージ。
ストーリーはまあ普通かな。
王道ストーリーを目指しただけあってきちんと落ちるところに落ち着いた。
ボーナスは、忙しい中にして結構綺麗にまとまったから+1つけようかとも思ったんだけど、それってただのフィロスの都合なので、加点しないことにしておこう。

◯良かった点
・戦闘バランス掴めてきたかな。
・ミドルとクライマックスの時間バランスについて。
・鶏坊さんがいい意味で予想外。

◯悪かった点
・やはりどんでん返しは二度必要。

個別解説。

・戦闘バランス掴めてきたかな。
結果的に3つもHFを抱え落ちしてしまって、PC側のHFも残ってしまっているが、危機感の煽り方としてはこのぐらいがギリギリかなあ。
確かにTSさんの言う通り、あそこでキッドが倒していなければ、恐らくPC側に戦闘不能のままのPCが出るだろう。
HFの数は試行錯誤してるけれど、なんとなく数値の感覚は掴めてきたかもしれない。
……言語化するほどになってないから、まだまだかもしれないけど(笑)。

・ミドルとクライマックスの時間バランスについて。
前回のセッションで感じたことを今回実践したみた。
それは「ミドルフェイズが短くても、クライマックスに十分な厚み(時間的、ゲーム的)があると、PLの満足度は高くなる」ということ。
もう少し柔らかい表現をすると「ミドルが短くてもクライマックスが盛り上がればPLはやりきった満足感を味わえる」ということ。

フィロスが初期にやってたTRPG(アリアンのダンジョンものとか、リアル時間管理する魔獣戦線とか)は、ミドル所要時間がクライマックス所要時間よりも大体長かった。
それは、様々なギミックを仕込んで話を展開させるフェイズだから当然だと思ってきた。
ただ最近、ミドルを短めにしてクライマックスを厚めに演出するようなゲームをいくつか体験した。
そこで体験したのは、ミドルが短くても意外と楽しめる、ということだった。

むしろフィロスのコミュニティはほっといてもロールプレイするような面子が揃っているので、ギミックとかちょっと凝ったものをいれるとかなりミドルフェイズに時間を使っていた。
そこで、今回は試しにミドルフェイズを大胆に短くしてみた。
その結果いただいた感想に「もっと時間経ってるかと思った」というのをもらったので思わずドヤ顔してしまった(苦笑)。

時間的バランスは、逆転しても大丈夫っぽいことはわかったので、今後は内容とかギミックの有無とかもう少し探ってきます。

・鶏坊さんがいい意味で予想外。
エンディングの厳さんへの力強い返事は予想内。
明への言い訳(共通の趣味はコスプレ)は予想外(笑)。
前々から面白いPLだと思っていたが、やはり面白かった鶏坊さん。
これからもよろしくお願いします。

・やはりどんでん返しは二度必要。
全体バランスとしては悪くないセッションだと思いますが、実は最後まで悩み続けたことがあった。
それは「クライマックスにもう一段階捻りと盛り上がりが欲しい」というもの。
当初シナリオ書いた段階で十分面白いと思ってはいたのだが、まだ「普通の面白い」の枠の中だと感じていた。
どうにか「普通でない面白さ」を求めたが、変なものしか生まれなかったので全てボツ。
結局最初に書いたイメージで行った。
このこと自体は後悔していない。

学校を中心に怪人が結界をはり、その中で戦うPCたちは、謳歌の迫る台詞等のおかげで十分盛り上がった。

ただ、せっかく学校を舞台にするのだから明がなんかの理由でいたりとか、マスターシーンに出てきたドクターが横槍を入れるとか。
なんかもっと面白くなりそうな予感がするなぁ……とぎりぎりまで悩んでいたのであった。
それはフィロスのイメージ力不足で、シナリオの五箇条にある「どんでん返しは二度する」を徹底できなかったからだと思う。
一度しかないセッションでどこまで冒険できるか考えると、ある程度安全策をとりたいが……。
この辺りの冒険と王道のバランスはPLによる部分があるので、もう少し馴染んでいけば自然と答えが見つかるかな。




というわけで十分以上の面白さはありましたが、まだまだ上があると思わせるセッションでした。
キャンペーン第2回なので、今後もっともっと盛り上げていきたいですね。





(注1)マージナルヒーローズ:FEARが発売中のTRPGシステム。
アルシャード、メタリックガーディアンと受け継がれてきたSRS加護ゲーの最新作。

ハンドアウトで加護を配ったり、ブレイクすると加護の効果がパワーアップするなど意欲作。

公式HPはこちら。
http://www.fear.co.jp/marginalheroes/

(注2)次回は杏輝回:予定は未定だが、なんとなくぼんやり考えてるキャンペーンイメージ。
1回、2回→謳歌主役回。
3回、4回→杏輝主役回。
5回、6回→望主役回。
7回、8回→最終回。

「前後編」を4つやるようなイメージ。
果たしてこの通りになるのか?(笑)

(注3)ブリザード:話題のアプリSNOWが元ネタ。
感想書いてある今では言うまでもないが、後から読み返すと何のことかわからなくなりそうだから注釈つけておこう(笑)。

(注4)正体を隠すヒーロー専用通路:HA本部に行くために、正体を隠したヒーローはどうやって出入りをするか、と雑談した結果生まれたもの。
まあ、HAなら何があっても不思議じゃないよね。

(注5)SB社:スマッシュバッシュ社。
公式に設定されている悪の組織の一つ。

派手に動くのではなく、社会の裏でひっそりと悪事を進めるタイプの組織。
戦闘員は「ポーン」、怪人に「ナイト」「ビショップ」「ルーク」とかつくのが特徴。

(注6)プチFS判定:本来のFS判定は達成値に応じてゲージを積んでいく。
だが、今回はゲージは用意せず「ラウンド進行」「成功したら次の段階へ」というだけで行った。
一応ペナルティとして「かかったラウンド数」「失敗した回数」だけクライマックスの敵が増えるとしておいた。
シンプルでよかったが、FS判定みたいなドラマも生まれないなぁ。

(注7)大嵐中学:PCたちの通う学校。
今回名前を決定した。
英雄だの勇栄だの色々候補が出たが、ランダム名前表を使って「グレートハリケーン」とか言って、それをもじって「大嵐」になった。
多分「アラチュウ」とか呼ばれてるんだろう。


[PR]
by phirosu2 | 2017-07-17 12:04 | マージナルヒーローズ | Comments(0)
<< GM奨励キャンペーン第1回「G... 視聴者の質問に答える回(ふぃあ... >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。