カードランカー
【TRPG感想】
先日は自分がGMのカードランカー(注1)でした。

冒険企画局から出ているサイコロフィクションシリーズ。
一般ユーザーから投稿募集した第一回サイコロフィクションコンテストの栄えある大賞作品です。

シンプルでたくさん表があるサイコロフィクションの持ち味は損なわず、「カードゲーム」という題材をTRPGにおとしこむという意欲作。

結論としてネタゲーでした(爆)。
面白かったんだけどねー。
TRPGでカードゲームをやるってのは、やはり遊戯王とかヴァンガードとか「ああいう雰囲気」を楽しめる人間じゃないと面白くないみたい。

自分自身魔法少女ものTRPGなんて作ってたりするんで人のことは決して笑えないんですが、世界観っていうかテーマって大事だなと再認識しました。




◆キャラクター紹介
■名前(PL名):サンダーストーム・純一(注2)(-・ジュンイチ)(グリフ)
性別/年齢/種族:男/14/人間
クラス:金
ゲーム的特徴:
カードランカーではデッキの特徴を表す色がクラスになります。
パワー型の「緑」や妨害型の「青」みたいな感じです。
純一の金はダイスコントロールなどを得意とするテクニカルなクラスです。

「鋼のスーパーロボット」という攻守揃った万能カードを主軸に戦ってました。
……まあでも今回のグリフさんはダイス目最悪だったからなー(笑)。

構築フェイズでファンブルふったり、肝心の命中で何度もファンブルしたりと非常に印象的でした。
ロールはよかったんだけど、ダイスがついてこなかったねー(笑)。

ロール的特徴:
背景が「チャンピオン」だったのですが、上記のように肝心の判定でファンブルふりまくるので味方にサポートされまくってました。
まあでもそういうチャンピオンもありってことで。

今回、グリフさんが来るんで彼の得意そうな「友情」をテーマにシナリオを作りました。
案の定乗っかってくれて助かりました。
ちょっと贔屓しすぎたかなー。

その他:
いつも遠路はるばる来てくれるグリフさんです。
その熱血ロールは相変わらずの安定感です。
たまには少し違うロールも混ぜてみると面白いかもしれないけどね。
いやまあそういうロールを半強制したのもフィロスだけれども(爆)。

■名前(PL名):地鳥・まりえ(ぢどり・-)(きゆ)
性別/年齢/種族:女/14/人間
クラス:白
ゲーム的特徴:
回復・支援を得意とする白……のはずなんですが。
レジェンドカード(注3)が「デッキ破壊(注4)」とか、フェイバリットカードが「バスターキャノン」とか……。
攻撃に前のめりなまりえ様でした。

ていうか、バスターキャノンのダメージ7Dで34点(6665533)がたまげました。
最初は純一同様ダイス目悪かったのにねー。

ロール的特徴:
自己紹介のときにたまたま発言した「ですわ」という語尾のおかげでキャラが固まったまりえ様。
軍勢を率いるバスターキャノンと相まっていいロールだったと思います。
まぁ口癖の「無様ね(注5)」は相手を選ぶと思うがなー(笑)。

その他:
いつも周りを観察して一歩後ろからロールするきゆさんにしては珍しく前に出てくるキャラクターだったのが新鮮でした。
なかなか絡むのも上手かったし、いいキャラクターだと思います。
いい引き出しが増えてよかったね。

■名前(PL名):青島・航(あおしま・わたる)(内海)
性別/年齢/種族:男/15/人間
クラス:黒
ゲーム的特徴:
黒は破壊と再生を司る色。
カードを破壊することで追加効果を得たり、逆に破壊される効果を逃れたりする効果が多いです。

さすがはデータッキーの内海さんらしいコンボを決めてくれました。
まぁ、クラッシュワームとリビングデッド・ウォーキングのコンボができるかはグレーゾーンというか多分黒っぽい印象もあるのですが(苦笑)。

ロール的特徴:
内海さんはいつもロールをしないからねー。
たまにロールしても自己完結しちゃうようなものばかりなので。
もっと「相手が応えやすいロール」「つなぐロール」を意識するとロールプレイが楽しくなると思うよー。

その他:
いつもデータ的に一芸あるPCを作ってドヤ顔な内海さんです。
今回もコンボをひとつ作ってドヤァって感じでした。
う~ん、せっかく鉄壁防御で仲間をかばうキャラクターで「会長」なんて背景をチョイスしたんだから、仲間を思う熱血番長とか。
もっと設定作れたと思うんだけどなぁ。
せっかくインパクトのあるいいデータ作るので、それをもっと設定に反映させられると1段も2段も上に行けると思えるだけに残念です。

◆粗筋
■導入フェイズ
今回の舞台はドミノ中学。

武藤遊吾という少年がダークカードの力で他の人を襲っているというので、それを止めてくれというシナリオ。

純一はカード仲間が襲われて、まりえは校長から依頼されて、航は生徒会が遊吾が襲われたので問題生徒を止めるために。
それぞれ調査を開始しました。

もうこれでネタは割れたと思いますが、今回の元ネタはあの有名なゲーム漫画の「遊戯王」です。
なんかネタ仕込まないと盛り上がる感じしなくって(爆)。

おかげで純一の導入で本田と城之内とか出てきて盛り上がりました。
やはりこの辺り同世代だとヒットするわ~(笑)。

■構築フェイズ
構築フェイズってのはFEARゲーでいうところのミドルフェイズ。
ダークランカーの調査をしつつ、自分のデッキを強化するフェイズです。

遊吾がダークカードを手に入れた原因を探るPCたち。
調査判定で5以上を出さないといけないのに、3とか4しか出なくて、いきなり絆パワー(注6)を乱発(笑)。

この辺りは、初めてのゲームなんでかなり後出しでもいいように甘くゆるくジャッジしてます。
ルーリング的には問題かと思うけど、失敗されるとGM側も困るので(苦笑)。

でも絆パワーを使うために合流する口実ができて、その結果3人ともスムーズに合流できたのでよかったよかった。
で、調査の結果以下のようなことが明らかに。

・遊吾は元々いじめられっ子だった。
・カードだけが友達だった。
・復讐のためにダークカードの力に染まってしまった。
・決闘フェイズで「友達になろう」と伝えることで、彼のダークカードの力は弱くなる。

その後、戯れにGM側からチュートリアル戦闘をしかけたりしたのですが、PCが圧勝するバランスのはずが2回もファンブルが出たりして色々と波乱な場面も。
ダイス事故は怖いねぇ。

■決闘フェイズ
学校の屋上に遊吾を呼び出す3人。

遊吾「カードは裏切らない! カードだけが僕の友達だ!」
純一「カードランカーは1人じゃできないだろ! 一緒にカードしようぜ!」
純一「俺が勝ったら、俺とお前は友達だ!」
遊吾「……と、ともだち?」
ダークカード(注7)「ゆうご、あいつの言葉を聞くんじゃない、あいつは、お前を貶めようとしているだけだ」
遊吾「く、そういうことか! 僕はだまされないぞっ」
まりえ「まずは勝ってダークカードをなんとかしないと!」
純一「そうだな! ランカーバトル!」
全員「ショーダウン!!」

という煮えた台詞バトルをした後で戦闘開始。
この辺り、完全に純一に相手をしてもらっていてまりえと航をおいてきぼりにしてます(爆)。
い、一応、航にも話ふったりしたんですよ?
そしたら「いじめられたからってダークカードの誘惑に負けるお前が悪い」って一蹴されてしまっただけで(苦笑)。

戦闘では、初手でGMの全体攻撃を通すか否かで熱いブレイク合戦(注8)がありましたが、これはリソースで勝るGMの勝ち。
ただおかげで切り札のマジックカードをほとんど使い果たし、直前に撃たれたまりえのレジェンドカードによってGMのデッキはすでにぼろぼろでした。

ただ、ここからGMの粘りが始まるっ。
判定でクリティカルしてゲットしたカード(注9)が防御に有利なものばかり(笑)。
それらを利用して鉄壁の防御を固めるGM。

ただまぁ、防御固める前に純一のレジェンドカードとまりえのバスターキャノンでHP半分ぐらいもってかれてるんですけどね。
結果的にはGMがファンブルして防御が崩れた瞬間にPCたちの連続攻撃がきまっておしまいでした。

ちょっとルーリングミス(注10)もあったので長引いてしまいましたが、予告した時間通りだったのでまぁ許容範囲内かと。

■結果フェイズ
遊吾は更生し、カード仲間に。
翌月の校内ランキングバトルに純一たちと一緒に出場するのでした。

◆反省と考察
ロール:4点
ゲーム:3点
ストーリー:3点
ボーナス:4点

うーん、決してつまらなくはなかったけど、特筆すべきこともないゲームだったかなー。
ロールが4点になるのはグリフさんが参加する時点でほぼ規定事項だし。
新しいシステムだからボーナスが4点になるのもほぼ規定事項だし。
新しいシステムなのであまりギミック凝ると事故率上がるから、ゲームの3も規定事項。
そういう意味では、ストーリーが3点どまりだったのはもう少し意識すれば4点になったかも?
う~ん、まあでも十分かな。

○良かった点
・カードランカーできました!

○悪かった点
・相変わらず冒険企画局のゲームはスキルの使用タイミングとかにグレーゾーンが多い。
・良くも悪くもいつも通りのグリフさん、内海さん。

では、個別解説。

・カードランカーできました!
前々からやろうやろうと言っていたブラッド・クルセイドよりも先にできました。
前評判通りというか予想通りというか。
ネタゲーだなぁというのが感想。
もう一度やりたいかというと……。
冒険企画局のゲームらしくシンプルなおかげで短時間で終わるので、誰かがやりたいって言ったら卓立ててもいいかなー。
コンボとかはGMのほうが自由に考えられて面白いし。

・相変わらず冒険企画局のゲームはスキルの使用タイミングとかにグレーゾーンが多い。
今更かと言われるかもしれないが。
ルールタームで「破壊状態」と「使用不可能」が混在してたり、
伏せカードの「アンデッドレギオン」使ってる状態で「蠢く怪異」の効果は使えるのか微妙だったり。
「クラッシュワーム」とか「タラバーン」のブロック自動成功と「リビングデッド・ウォーキング」の破壊回避効果は明らかにコンボっぽいけど、厳密にルーリングすると組み合わさらないとか。
結構曖昧な記述が多い。
これは逆に普段やってるFEARゲーが厳密すぎてうるさすぎるのかもしれないが……。

・良くも悪くもいつも通りのグリフさん、内海さん。
これは悪い方に書くか良い方に書くか迷ったんだけどねー。
前もグリフさんが参加したセッションで書いたかもしれないけど、ゲームする機会が少ないと冒険はできない。
だから安定した自分の得意とするロールになってしまう。
決して悪いことではないが、今回はきゆさんが新しいロールを開拓していて面白かったので、その対比としていつも通りだったグリフさんと内海さんが少し冒険しなさすぎているように見えてしまったという形。
んー、「楽しむため」には安定を求めるべきか、挑戦をすべきか、難しいところだわ。



というわけで新作(というには少し時間が経ってるけど)のカードランカーでした。
他のサイコロフィクションをやる度に思うのが、いかにシノビガミがよくできていたかということ。
感想戦をやっていて必ずシノビガミとの比較論が出てくるのはやはりシノビガミの世界観、システムがとてもいいものだったってことなんだろうなー。

できれば自分もそういう感じのゲームを作りたいものだわ。
あー、久々にシノビガミやりたくなってきたなー。
誰かGMやってくれないかしら。

そんなところで今回の感想は締め。




(注1)カードランカー:正式名称は「超次元カードバトルRPGカードランカー」。
文中にもあるが、第一回サイコロフィクションコンテストで入賞して商品化されたもの。

カードバトルをいい具合にRPGに落としこんだ意欲作。
世界観が既存のカードバトル漫画に頼り切っているので汎用性はあまり高くない。

ただまぁ、冒険企画局のゲームって大体こういう局地戦用が多いので、らしいっちゃらしいかも。

(注2)サンダーストーム・純一:PCの名前は冒企らしく名前表があったのでそれを使った。
純一は「任意の兵器名」+「純一」=サンダーストーム・純一。
まりえは「任意の食べ物」+「まりえ」=地鶏・まりえ。
航は「青島」+「航」=青島・航。

名前表に「任意」とかがあると、あまり表の意味がないと思うのはフィロスだけだろうか……。
ちなみに現役自衛隊であるグリフさんに「任意の兵器」ってのが出たのは笑いどころだった。
サンダーストームはヘリかなんかの名前だとか?

(注3)レジェンドカード:PCだけがもつ象徴的なカード。
アルシャードでいうところの加護、シノビガミでいうところの奥義のようなもの。
問答無用で3D6のダメージを与えたり、任意のモンスターカードを得たりする。

ちなみに、
純一→トールハンマー(強力な一撃)。
まりえ→幽霊の囁き(デッキ破壊)。
航→邪神の加護(マジックマスター)。
でした。

(注4)デッキ破壊:モンスターカードやマジックカードなどを問答無用で破壊状態にする非情なレジェンドカード。
夜なべしてコンボを考えたGMにとっては涙目なレジェンドカード。
キャラクターメイク終了時、3人中2人がデッキ破壊を持っていてGMが泣きついたので、グリフさんは「強力な一撃」に変えてくれた。
ありがとう! ありがとう!

(注5)無様ね:お嬢様なまりえの口癖。
ただ、相手を見下ろして言うわけではなく、失敗して絆パワーで支援するときに
「しかたないわね。助けてあげるわ」という意味で発言されるツンデレワード。

(注6)絆パワー:他人のダイス目を後出しで増やしたり、ダメージ増加したりできる。
ゲーム中にロールプレイしたりすることでゲットできる。

今回、「判定失敗→他のPCが登場してロールプレイして絆ゲット→絆パワーで振り足し」という甘いジャッジをしている。
合流シーンどうしようか悩んでいたので、ちょうどよかったのだ。

(注7)喋るダークカード:フィロスオリジナル設定(爆)。
遊吾君が気持ちよく倒されるためには、ダークカードに操られてるっぽくするほうが自然だったので咄嗟にこういうロールプレイが出た。
ダークカードが自我を持っているかどうか、喋るかどうかは公式には定義されていない。

(注8)熱いブレイク合戦:マジックカードのひとつ「マジックブレイク」。
これは相手のマジックカードをなかったことにできる。

GMの全体攻撃に対し、航が味方をかばうマジック「万人の盾」を使用。
それをGMがブレイクしようとしたところ、まりえがさらにブレイクを宣言。
そのまりえのブレイクをGMがさらにブレイクした。

なんだかアルシャードのオーディン合戦を思い出したのはフィロスだけじゃないはずだ。

(注9)クリティカルしてゲットしたカード:文中では分かりやすさ重視でクリティカルと書いたが、カードランカーでは6ゾロのことをスペシャルと呼ぶ。
そしてスペシャルすると、ランダムに1枚カードをゲットできるのだ。
バトル中にカードが増えるってのはいまいち演出的には納得できないが、まあそういうルールなので。

(注10)ルーリングミス:GMはブロックを自動成功させるタラバーンと、ブロックしてもカードが破壊されないリビングデッド・ウォーキングを組み合わせていた。
そのコンボのおかげで「ダイスで5以下が出なければ鉄壁」かと思っていたのだが……。
「同じサイクル中に同名の補助カード(この場合はリビングデッド)は1枚までしか使えない」というルールを失念していた。
この不死蟹コンボが使えるのは攻撃1回までなのだ、2人目、3人目の攻撃では使えなかった。

ごめんなさいorz。
[PR]
by phirosu2 | 2012-10-15 00:03 | カードランカー | Comments(0)
<< VS霧狂鬼 神の試練 >>


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。