12月と2017年をふりかえる
あけましておめでとうございます。
2017年は色んな方にお世話になった一年でした。
本当にありがとうございました。
改めて、本年もよろしくお願いいたします。

さて、去年の最初の「ふりかえる」を見てみると
・2015年は「TRPGとおりあいをつける年」「バランスを探る年」「気持ちの整理の年」。
・2016年は「TRPGを続ける年」「環境の整理の年」。
・2017年は「TRPGのギアを戻す年」。
なんて発言していたみたいですね。
さてさて、どうなったのか。
でもその前に12月のふりかえりから。




つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2018-01-01 10:22 | ふりかえる | Comments(0)
ヘソを曲げる少女|コードレイヤード
【TRPG感想】
先日はしゃめさんがGMのコードレイヤード(注1)でした。

仕事の都合であんまりTRPGできないしゃめさんに無理いってGMしてもらいました。
普段の性格も優しい物腰なので、とてもPCとNPCのことを考えた優しいシナリオでした。
……けしてフィロスの腹が黒いわけではないと思いたい(苦笑)。



つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-12-31 15:22 | コードレイヤード | Comments(0)
ハンドアウトの書き方(ふぃあ通2017年12月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマは「ハンドアウトの書き方」。
先月社長がお休みだったので、満を持して、という感じだ。

細かいテクニック論というよりもまずは「そもそもハンドアウトはなんのために書くのか?」という社長の問いかけに対して、きくたけ先生らの回答はこんな感じ。




つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-12-28 06:42 | TRPG雑感 | Comments(0)
11月をふりかえる
11月が終わりました。
相変わらずあっぷあっぷしつつも、少しずつ足元だけじゃなくて前を向けるようになってきたような気がします。
本当にいい人に囲まれて幸せです。
ちゃんと恩返ししないとなぁ。




つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-12-01 06:55 | ふりかえる | Comments(0)
大畑先生のGMテクニック(ふぃあ通2017年11月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマは「ハンドアウトの書き方」……の予定だったが、社長が諸事情で欠席。
その結果、ゲストの大畑先生のGMテクニックを公開しよう、ということになってました。
これから社長が欠席したときは、そのときのゲストのGMテクニックを公開してくらしいですよ。




つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-11-28 06:28 | TRPG雑感 | Comments(0)
クーロンヌの獣|ドラクルージュ
【TRPG感想】
先日はソウさんがGMのドラクルージュ(注1)でした。

明けない常夜の世界で、吸血鬼となって誇りのために戦う耽美系TRPG。
一応ルールブックは買っていたのですが、前評判とか聞いてあんまり食指が動かず、ずっと放置していました。
今回、ひょんなことからソウさんがGMをやってくれるというので喜び勇んで参加。

結果、結構面白い。興味深いゲームでした。
これはもっと早くプレイしてみるべきだったなぁ。




つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-11-26 20:46 | ドラクルージュ | Comments(0)
ダブルハンドアウトのどこが面白いか+作り方のポイント(ふぃあ通2017年10月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ)
FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。
鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。

今回のテーマは「ダブルハンドアウト」。
いわゆる「表ハンドアウト」と「裏ハンドアウト」というものだ。
FEARの製品では「NOVA」と「DX」に搭載されているシステム。
システムによって色々呼び名はあるが、可読性を重視して今回の感想では「裏ハンドアウト」で統一していこうと思う。

ラジオ内でも解説されているが、一応説明すると以下のような感じ。
・表ハンドアウトはシナリオ開始前に全員に公開される。
・表ハンドアウトを選んだら、それに対応した裏ハンドアウトを本人だけが見る。
・ゲームによるが、裏ハンドアウトを公開するためには条件があり、公開するとなんらかのボーナスがもらえたりする。

ちなみに、NOVAだと「全員公開すると面白くなるように」シナリオが作られているらしい。
シナリオ開始時に「全員公開を前提としてます」みたいに宣言するようにガイドがあるとか。
逆にDXでは全員公開しなくてもシナリオが終了するように推奨されてるらしい。

以上がダブルハンドアウトのおおまかな説明。
で、ここからが本題。
社長がお題を「ダブルハンドアウトの面白いところはどこか?」と指定。

各人の答えはこちら。


つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-11-04 09:41 | TRPG雑感 | Comments(0)
10月をふりかえる
10月が終わりました。
9月に引き続き色んな事があって余裕はないですが、ひとつひとつ丁寧にこなしていきたいですね。
このふりかえりもそのひとつ。
ちゃんと継続することに意味があると思うので、無理ない程度に振り返っていきましょう。




つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-11-01 06:37 | ふりかえる | Comments(0)
VS断透斬
【TRPG感想】
先日は水無月さんがGMの魔獣戦線(注1)でした。

ずっとメンバー登録はしている魔獣戦線の開催スケジュールがうまく合わず、半年ぶりぐらいの参加になってしまいました。
もっと参加したいんだけどなー。

結果論ですがぎりぎりハードな戦いができて楽しかったです。
……いやでも、まじで本当に今回はやばかったですよ?(笑)



つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-10-29 08:54 | 魔獣戦線 | Comments(0)
花咲く少女
【TRPG感想】
先日は青海さんがGMのコードレイヤード(注1)でした。

勢いで始めたリレーキャンペーンもなんとか第2回。
先日違うキャンペーンの感想でも書きましたが、第2回というのは方向性を決定づける重要な回。
フィロスの勝手な指名で青海さんにやってもらいましたが……大正解だったでしょう(ドヤ顔)。

予想を裏切り期待を裏切らないを地で行く青海さんはさすがのマスタリングでした。



つづき
[PR]
# by phirosu2 | 2017-10-28 09:17 | コードレイヤード | Comments(0)


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。